お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞く、フェチと彼女選びの基準の関係って?

ファナティック

人には多かれ少なかれ、自分なりのこだわりというものがあって当然。ましてや、いわゆるフェチと呼ばれるほどにこだわることがあるのなら、それが恋人選びにも大きく影響してきそうですよね。今回は、自分の持っているフェチと彼女選びの基準の関係について、男性たちに聞いてみました。

 

Q.女性のこの部分がたまらなく好き、と思う、いわゆる“フェチ”の部分はありますか?
「ある」59.3%
「ない」40.65%

フェチがあるという男性は約6割。では、それが彼女選びの際にどのくらいのウェイトを占めるのかについても聞いてみましょう。

■意識するきっかけ程度

・「5%程度。性格、趣味が合うかなどを加味して彼女を選んでおり、好きな部位はほとんど気にしない」(35歳/自動車関連/技術職)

・「そこまでの割合ではないが、長い髪ほどツヤツヤで触りたくなるから」(30歳/自動車関連/その他)

・「1割。基本的は性格だが、背中のラインを見た後は意識してしまう」(27歳/金属・鉄鋼・化学/クリエイティブ職)

フェチはあるもののそれほど彼女選びには加味しないという男性も。その女性を「良いな」と思うきっかけにはなるものの、それ以外の性格や価値観の一致の方が長く付き合い続けるためには大事ということのようです。フェチな部分だけで恋人を選ぶとそれ以外で後悔することも多そうですものね。

■3〜4割はこだわる

・「3割程度。女性を見るとき、主に手首に目が行き、光沢のある腕時計をしているとドキッとするときがあるから」(37歳/その他/その他)

・「異性の声にこだわりがあるので、4割くらいは占めると思います」(30歳/電機/技術職)

・「フェチ、とは違うけど、肌がキレイで少し腕とか足とか肉づきがいい、でもたるんでないところ。彼女を選ぶ基準の3分の1くらいにはなる」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

彼女を選ぶときの基準のうち3〜4割程度は自分のフェチを満たしてくれるかどうかが関係するという男性も。どんなフェチかによっても、それが決め手になるかどうかは変わってきそうですが同じくらい好きな女性がいたら、最後の決め手にはなりそうですよね。

■半分以上はフェチの部分

・「脚フェチであり、8割は見ますね。長い脚がよくて、興奮します」(35歳/その他/営業職)

・「笑顔で、6割を占めてます。やはり好みの笑顔は自分自身がホッとする気持ちになりますし、女性の性格も雰囲気ではありますが、わかる気がするからです」(23歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「60%。やっぱり好みが合った方が長続きするから」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

彼女選びの基準の半分以上をフェチな部分が占めるという男性も。自分がココだけは譲れないという部分が満たされていないと長続きしないというのは、納得できる理由ですね。ただ、そのフェチな部分がどこなのかによっては彼女を作ること自体も難しくなりそうです。

■まとめ

フェチな部分が「あったら良いな」程度に思っている男性もいれば、そこがないと付き合えないほど重要なポイントになっている男性もいるという結果に。ずっと一緒にいる相手だからこそ、好きだと思える部分を持っていて欲しいというのは仕方のないことなのかもしれませんね。気になる男性がいるときは、女性の体にフェチな部分があるのか、それがどのくらいのウェイトを占めるのかさり気なく聞き出してみても良さそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数355件(22〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]