お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

股を○○しない……? 色気がある女性が「やらないこと」4選

ファナティック

オシャレでフェロモンもあって女性としてもあこがれる色気がある女性。彼女たちのメイクやファッションはとても参考になりますが、実は「見た目以外の部分」もオシャレでフェロモンたっぷり! そこで「色気がある女子がやらない行動」について女性たちに聞いてみました。

■ガツガツした行動をしない

・「電車の駆け込み乗車。色気のある人って、動きがゆっくりでセクシーに見えるので、あくせく余裕がないことはしなさそう」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「電車への駆け込み乗車です」(24歳/食品・飲料/営業職)

・「いろいろなことに対してガツガツすること。余裕がある人に色気は出ると思うから」(33歳/不動産/専門職)

女性らしい色気は「精神的な余裕」がないと漂ってこないもの。朝は早めに起きてゆったり優雅に過ごし、電車にも余裕を持って乗り……とにかくガツガツしないことが「色気がある女子」に近づくこつかもしれません。

■股を広げて座らない

・「家にいるときも足を広げて座ったり、おじさん化しない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「電車に乗っているときに股を開く。ギャルとかは見た目を取り繕っていても、股を開いている姿を見て品がないと感じるから」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「足を広げたり内股で座ったりしないこと。なんとなく脚を組んだりして色気を出している感じがするから」(30歳/情報・IT/技術職)

足を開いている女性は論外ですが、内股も少し幼い印象があり、大人の色気が感じにくい座り方ですよね。

■安売りな露出はしない

・「品のない露出。かなり下品に見えてしまいそう。露出も上品に見せている感じがする」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「男性に、自分を安売りしないと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

色気があると言っても下品な色気につながる安売りな露出はしないもの。上品な色気を目指したいですね。

■ダサい下着は身に着けない

・「ババシャツを着ない。細部までセクシーを意識すると思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「古い下着は身につけない」(32歳/生保・損保/営業職)

女性のセクシーさは外見はもちろんですが、内側から雰囲気として漂ってくることも多いですよね。自分だけが知っているお気に入りの下着を身につけているからこそ、内面からの自信が溢れ出てくるのかもしれません。

■まとめ

一口に色気と言っても、ただ単純に露出をすればよいというものではありません。言葉やしぐさの節々に色気は漂うもの。下品な色気ではなく上品な色気を目指したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数151件。22〜34歳の女性)

★自分を磨いてる? 記事をチェック!
女子力急上昇!? あなたに似合う“自分磨き”診断

お役立ち情報[PR]