お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

また血がモレちゃった……! 生理中の失敗でありがちなこと4つ

ファナティック

「毎月来るのはわかっているのに、またやっちゃった!」ということが、生理中はよくあるもの。そこで働く女性に「生理中の失敗でありがちこと」を聞いてみました。何度も同じ失敗を繰り返すのが、人間というものなのかもしれません……。

恥ずかしいから見ないで……! 彼氏の家でやってしまった生理中の失敗12

<生理中の失敗でありがちなこと>

■ナプキンの交換が間に合わない!

・「ナプキンの交換タイミングを誤り、ギリギリになること」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「なかなかトイレに行けないときに血がモレること」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ナプキンを忘れてしまったり、変えるタイミングが遅くて、横モレなどしてしまう」(29歳/学校・教育関連/専門職)

毎月のこととなると慣れがあるのか、「まだ大丈夫」と思いすぎてナプキンの交換タイミングを見誤ることも多いですよね。「早めに行っておけばよかった……」と後悔しつつも、翌月になるとすっかり忘れ、同じ失敗を繰り返してしまいます。

■生理のことをつい忘れる

・「生理用品を忘れて会社に行ってしまう」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「白いパンツをはいてしまった」(32歳/その他/事務系専門職)

・「生理なことを忘れてしまう」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

そろそろかなとわかっていても、忘れてしまうのが生理予定日。そして、忘れたころを見計らうかのようにやってくる生理……。しかもそんな日に限って生理用品を忘れ、「白いボトムス」を選ぶ自分。「自分で自分を苦しめている!?」と思ってしまいます。

■布団に赤い地図ができる

・「布団に赤い地図を作る」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「夜にモレて布団が汚れる」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

大人になってから、まさか布団に地図を作ることがあるなんて、子どものころは思いもよらなかったですよね。布団を洗うのは大変なので、生理前から気をつけたいですね。

■ナプキンを持っていないのに生理になる

・「ナプキンを持っていないときに限って生理になること」(23歳/その他/その他)

・「はじまるタイミングでナプキンを使っておらず、下着を汚してしまうこと」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

大体はじまるであろう時期はわかっているのに、毎月のごとく油断してしまう自分。生理用品は持ち歩くのがめんどうなため、用意するのがついギリギリになってしまいがちですよね。ただこの「めんどうな気持ち」が、最終的に自分を苦しめることになるので要注意です。

<まとめ>

毎月定期的にやってくるのに、なぜかおもしろいほど「同じ失敗」を繰り返してしまう生理。こういうとき、「学ばないとはこういうことか!」なんて自虐的な気持ちになりますよね。モレなどで恥ずかしい思いをしないよう、気をつけましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月13日
調査人数:105人(22~34歳の働く女性)