お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

メ、メイクが昔のまま……「こんな年の取り方したくない!」と思う女性の特徴6選

ファナティック

「こんなふうに年を取りたい」とあこがれる年上の女性がいる一方で、「こんなふうにはなりたくない」と思ってしまう女性がいるのも事実。できることなら年下の女性からあこがれられる女性になりたいですね。というわけで、今回は働く女性に「こういう年の取り方はしたくないなと思う女性の特徴」について聞きました。

■メイク、ファッションが昔のまま

・「化粧が古い。若作りなのに、古いとかえって老けて見える」(25歳/電機/事務系専門職)

・「時代が止まってる服装やメイク。がんばってるのは認めるけど、情報が更新されてない」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「若い頃にすごくキレイだったであろう人に多い特徴で、当時の写真を飾ってたり持ち歩いてたり、今も当時のようなミニスカートをはいたりしてる人。過去の栄光にすがるイコール現在の自分には自信が持てない証拠だから、大概現状に満足できていないのだと思う」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

メイクやファッションがどことなく古くさい女性。若いころにイケイケだった女性にありがちな特徴かもしれませんね。

■若作り

・「必要以上の若作りや、年齢に対してのコンプレックスを持つ。その年代ならではのステキな生き方があると思うので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「若さにこだわりすぎている人。ある程度のところで老化を受け入れて自然に任せるべきかなと思う。歳相応のきれいさが出てくると思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「若くないのにチークぐりぐりにつけて似合わないミニスカートはいてる人。間違ったメイクのためより老けてみえる。また、ミニスカートともいいと思うがTPOに合わせてもらいたい」(30歳/建設・土木/販売職・サービス系)

若さに執着するあまり、不自然になってしまっている女性もいるようです。今の自分に自信がないのかな? と思ってしまいますね。

■若い子に上から目線

・「若い子に口うるさい人。嫉妬してると思われるから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「いつまでも上から目線の人。そうしていないと自分が保てなくて余裕がないのかな、と思うから」(33歳/不動産/専門職)

・「若い女性を見下してる女性。自分も通ってきた道だから余裕がほしい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

数年早く生まれたというだけで上から目線だったり、若い女性に厳しかったりする女性も。回答にもある通り、余裕がないことの表れなのでしょう。

■ザ・おばさん

・「ケチな態度や図々しい考えの老人。電車で席が空いたら、それ目掛けて突進さしてきたりする」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自身が老いてきているのを自覚できないで、他人に迷惑をかける女性。老いてきているの無理に若作りをして、まわりが困ってしまっているのを見たから」(26歳/自動車関連/技術職)

・「芯のある女性はステキだが、いきすぎてわがままになること。一人よがりで敬遠されそう」(27歳/金融・証券/営業職)

電車などの公共の場所で見かけることがある「おばさん」。図々しいなと思いますが、中には開き直って「もうおばさんだから」と言ってのける女性もいますね。反面教師にするのがよさそうです。

■身なりを気にしない

・「身なりをまったく気にしなくなったおばさん。結婚して子ども産んだからって毎日スッピンで言い訳ではないと思う」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「仕事に集中しすぎてて、身なりなどにも気が回っていない。会社の人で、独身で仕事に一心不乱な人を見るとこうはなりたくないな……と思ってしまう」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「自分の身だしなみに興味がなくなり、恥じらいを忘れた女性。おじさんかおばさんかわからないくらい、おっさん化したおばさんにはなりたくない」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

自分の身だしなみに構わない女性を見ても「こうはなりたくない」と思うのではないでしょうか。結婚していようとしていまいと余裕がなくなってしまうと身なりに構わなくなるのでしょう。

■口角が下がっている

・「口角が下がっている女性。笑ってこなかったんだろうなと思うので」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「口がへの字、眉間にシワ、人混みを掻き分ける心の狭い人。電車などで嫌だなーと思うひとは大抵顔が卑屈な顔をしている!」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

口角が下がっている女性は幸せそうには見えないもの。ネガティブな雰囲気を出しているとネガティブなものしか寄ってこなさそうですね。

■まとめ

いかがでしたか? 年を取ることに対して抵抗を感じている女性は多いと思いますが、年をとるごとにわかってくるものがあったり、年相応の魅力があったりと必ずしも年をとることは悪いことではありません。むしろきちんと生きていれば内面的にも成長し、人生が楽しくなるものなのではないでしょうか。今回挙がった例のような女性に対して「ああいうふうにはなるものか」と反面教師にしつつ、前向きにステキな年の取り方をしていきたいものですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数133件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]