お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

たかが生理でしょ? 生理のときに男性に言われるとショックなこと4選

ファナティック

生理のときは気持ちがナイーブになっているため、男性のふとしたひと言に深く傷ついてしまうことも……。そこで働く女性に「生理中、男性に言われるとショックなこと」について聞いてみました。

大変! エッチの後に不正出血。どんな病気が考えられる?

<生理のときに男性に言われるとショックなこと>

■生理を軽くあしらってくるひと言

・「眠気がひどいのに『どんだけ眠いの?』とあしらわれる。頭痛がひどいのに『どんだけ痛いんだよ』、とあしらわれる」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「『病気じゃないんだから』と軽く扱われること」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「『たかが生理でしょ?』お前も味わええええええええ」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

生理に対する「男性からの理解のないひと言」は女性の神経を逆なでしやすい言葉。「たかが生理」なんて言われたら、「あなたも味わってみて!」なんて呪いをかけたくなってしまう!? 生理は確かに病気ではありませんが、だからって「つらくない」なんてことはありませんよね。

■生理中の情緒不安定をわかってくれないひと言

・「『何が不満なの?』不満じゃなくて、ホルモンバランスのせいで情緒不安定だとわかってほしい」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「『今日はつまらなそう』と言われること。痛みを我慢しているだけなのにと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「『気分にムラがあって扱いにくい』と言われること」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男性は女性のような「生理周期」がないため、ホルモンバランスで気分が上下する感覚をわかってくれないことが……。情緒不安定になることを「精神修行がなってないからだ」なんて言われるとかなりショックですよね。

■「生理」を突っ込んでくるひと言

・「イライラしていると『生理中?』って言われること。わかってるならほっとけって思う」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「『今生理?』と聞かれること。イライラしてると思われているのかと落ち込むから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

「女性がイライラしている」イコール「生理」、という考えは一般的にも浸透しているようで、そういうときだけは察しが早い男性も。でも、それをいちいち指摘されるのも嫌だと感じる女性もいるようです。

■肌荒れを指摘してくるひと言

・「『肌ボロボロだね』しょうがないの!」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「ちょっと肌荒れがひどいね」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

生理中は気持ちがナイーブになりやすいため、気遣いの感じられないこんなひと言にイラッとすることが。親切心なのかもしれませんが、生理中の「肌荒れ」は日常茶飯事という人も。わざわざ指摘されなくても、本人が一番わかっていることですよね。

<まとめ>

自分が体験したことのないことは、「相手の身になって考える」ことが難しいもの。そのため男性は生理中の女性に「無知な発言」をしてくることが……。この時期だけはお互いそっとしておくのが一番かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月13日
調査人数:105人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]