お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 (PR)快適地肌習慣のすすめ

ヘアケアマイスターが教える。ヘアブラシの選び方と使い方のプロテク!

ユンブル

大ざっぱに髪をとく、静電気を予防する、ロール型、コーム……。ヘアブラシを選ぶ際に、多くの種類が並ぶ棚を眺めては迷う人も多いのではないでしょうか。そこで、ヘアメイクサロン・MINT(ミント・東京都渋谷区)の美容師で、毛髪診断やヘアケアについて専門的知識を持つヘアケアマイスターの磯部幸弘さんに、ブラシのちがいや使い方について詳しく聞いてみました。

■ホコリや汚れを取り除く、髪のもつれをほどく

ブラッシングについて、「ただ髪をとかすだけではありません。いろいろな役割があるんです」と話す磯部さんは、次のように説明します。

「髪にツヤを出す、髪型を整える、頭皮を適度に刺激することで血流がよくなり、髪に栄養が届くようにする、などの働きがあります。

また、入浴前のブラッシングは、髪に付着したホコリ、頭皮についた皮脂や老廃物による汚れを浮かせて洗浄効果を高める、髪のもつれをほどいて傷みにくくします。

ただし、ブラシには形状や素材がたくさんあるので、用途に合わせて使い分けましょう」

ここで磯部さんに、ブラシの種類と特徴について教えてもらいましょう。

(1)スケルトンブラシ

1本ずつのブラシの目が粗いため、静電気が発生しにくく、手でとかしたような自然な仕上がりになります。骨のような見た目から「ガイコツブラシ」とも呼ばれます。髪を大まかにとかすことができるので、からまりやすい、髪の傷みが気になる、髪が太くてボリュームがある人に向いています。

(2)クッションブラシ

ブラシの根元がクッション素材のタイプ。頭皮マッサージやシャンプー前のブラッシング時に適しています。また、セットアップをするときに、髪をまとめつつツヤを出すことができます。

(3)ロールブラシ

全方向にブラシがついた丸い形で、髪を巻くことも、くせを伸ばすこともできます。ストレートヘアにしたい場合は直径が大きいタイプ、カールをつけたい場合は小さいタイプを選びましょう。

(4)ハーフブラシ(デンマンブラシ)

ブラシの根元部分が半円状で、髪に熱が伝わりやすいのが特徴です。髪の量が一般的~少なめでくせのない人が、スタイリングをする、広がった髪をボリュームダウンさせたいときにオススメです。デンマンとはイギリスのデンマン社が販売を始めたことに由来します。

(5)パドルブラシ

カヌーを漕ぐパドルのような、面の大きなブラシを意味しています。目が適度に粗いので毛が抜けにくく、また、底部に弾力性があって頭皮に負担がかかりにくいというメリットがあります。

(6)コーム

クシのことです。美容室ではカットのときに髪を整える、カラー剤やトリートメント剤を伸ばす、ブローの仕上げに分け目や髪全体を整える、逆毛を立てるときなどと多様に使います。小さ目のコームを持ち歩くと、さっと手直しができて便利です。

■ロールブラシでツヤ出し、コームでトリートメントを伸ばす

では次に、それぞれのブラシを、生活シーン別に選び方や使用方法を磯部さんにレクチャーしてもらいましょう。

<起床時>

寝ているときにからまった髪をほぐすために、コームかスケルトンブラシでやさしく髪全体をときます。その後のお手入れ時は、髪質やスタイリングの目的に合わせたブラシを選んでください。使い分けるのが面倒なときは、髪に負担のかかりにくい目の粗いコームでときましょう。

<洗髪前>

洗髪前の乾いた髪には、スケルトンブラシで、毛先を軽くといてからまりをほどきます。次に、クッションブラシで頭皮の汚れや皮脂をかき出すとともにマッサージをします。その後、付着したホコリや汚れを取り除くように、頭頂部から毛先に向かってとかしましょう。

<洗髪中>

シャンプー中はブラシを使用せず、コンディショナーやトリートメントを塗ってから、伸ばすときにコームを使うと、髪全体にまんべんなく塗ることができます。ただし、髪が傷まないよう、繰り返しといて塗り広げるのは避けましょう。

<洗髪後>

ドライヤー使用時は、熱に強いロールブラシを使いましょう。ドライヤー後は、クッションブラシやパドルブラシを使って、ツヤ出しと髪を整えましょう。

最後に磯部さんは、濡れた髪をとく際の注意を促します。
「髪が濡れている状態でブラッシングすると、摩擦で傷みやすく、また抜けやすくなります。歯の間隔が広いコームでやさしくときましょう」

■まとめ

これまで、ヘアブラシは思いつきで選んで適当に使っていましたが、アドバイスの通りに、朝起きたときにはクッションブラシを、トリートメント時にはコームを試すと、トリートメントの付着具合がよくなり、また、髪の手触りやツヤが見違えたように思います。ちょっとした使い分けがダメージを防ぐようです。ぜひご参考ください。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修 磯部幸弘氏。日本ヘアケアマイスター協会認定ヘアケアマイスター。美容師。ヘアメイクサロン「MINT」に勤務。
MINT 東京都渋谷区恵比寿南2-5-9 内藤ビル202
http://www.mint-tea.jp/

★簡単にモテ髪がつくれる! 記事をチェック

“くるりんぱ”の応用でつくる! 編みこみ風まとめ髪

みんなが読んでる人気記事 (PR)快適地肌習慣のすすめ