お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ダイエット

太っている人の習慣・癖4つ「電車内の弱冷房車を嫌う」「立っているときも食べている」

ファナティック

日々の習慣を改善することが、ダイエット成功への近道。そこで「太っている人がよくやっている習慣や癖」について、働く女性に聞いてみました。当てはまるものがあったら、食事制限よりも先にこちらに取り組んでみて!

ダイエットに成功した人が絶対にしなかったこと4つ

<太っている人の習慣や癖>

■ダラダラ「ながら食べ」する習慣

・「ながら食べが多い。遅い時間でも食べる」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「ずっと食べている。立っているときとかも食べている」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「ダラダラ寝る直前まで食べている」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

カロリーを今、どのくらい自分が摂っているのかがわかりにくい「ダラダラ食べ」や「ながら食べ」。つい食べすぎてしまうことが多いですよね。栄養バランスと同時に、メリハリのとれた食習慣にするのもダイエットには重要です。

■「痩せたい」が口癖

・「『痩せたい』が口癖の女性。家に置き換えダイエット用のドリンクの在庫がある。特定保健用食品などのドリンクを飲んでいる。暑がり」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「痩せなきゃと言いながら食生活を変えない」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ダイエットするといってカロリーは気にせず極端に食べる量を減らしてしまう」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

これもダイエットを失敗しやすい人によく見られる特徴。「痩せたい、痩せたい」と言い続けていると「ダイエットする踏ん切り」が逆につかなくなるのかも? ダイエットの本気スイッチをオンにするには、不言実行が確実かもしれません。

■食習慣や生活習慣に偏りがある

・「早食いで大食い。あと、バランスよく食べずに、炭水化物をとにかく多く摂っているイメージ。服装は、だぶだぶのものを着て、体のラインが見えないようにしている感じ。水分補給は甘い飲み物」(30歳/情報・IT/その他)

・「脂っぽい食べ物やジャンクフードが好きで運動する習慣がない。栄養バランスが偏っていて食事の時間が不規則。暴飲暴食をする」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

ダイエットの成功・失敗の鍵を握るのが食習慣と生活習慣。炭水化物や脂質中心の食事をやめて、栄養バランスのいい食事に切り替えたり、規則正しい生活習慣を取り戻したりすることが必要なのかもしれません。変わったことをやらなくても、これだけでダイエットができそうです。

■運動したがらない

・「歩くのが嫌い。すぐ汗をかく。脚が痛いと言う。タクシーを使いたがる。電車内の弱冷房車を嫌う」(33歳/その他/事務系専門職)

・「普通に歩いていてもほかの人と比べて疲れやすい」(33歳/医療・福祉/専門職)

血行をよくして基礎代謝をととのえ、脂肪を燃焼しやすくするために必要な習慣が「運動」。これを日常習慣として取り入れられれば、うっかり食べすぎてしまった日も安心ですよね。あたりまえの習慣として、身に着けておきたいですね!

<まとめ>

太っていることを自覚しているのなら、継続するのが大変な○○ダイエット法に励むよりも、これらの習慣や癖をなくすことがまず大事かもしれません。理想のスタイルを手に入れるなら、まずは「いつもの悪い習慣や癖」から見直してみましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月13日
調査人数:105人(22~34歳の働く女性)

★おデブの素質、持ってるかも!?

お役立ち情報[PR]