お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

デリケートゾーンの処理はどこまで? 女子のムダ毛の悩み6つ

ファナティック

ワキや腕、脚はムダ毛の処理をしていても、背中やデリケートゾーンなどは、自分でやるのは難しいですよね。他にも「ここのムダ毛処理はどうすれば?」と悩んでしまうことも。ではどんなことに悩んでしまうのか、女性のみなさんに聞いてみました。

■みんなどうしてる? デリケートゾーン

・「アンダーの形がみんなどこまでやっているのかが気になる」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「デリケートゾーンの処理の仕方。というか、すべきなのかどうかもよくわからない」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「デリケートゾーンの処理。よく見えないからやりにくいが、サロンに行くのは恥ずかしい」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

とても多かったのが「デリケートゾーン」に関する悩みでした。形もどう整えたらいいかわからないし、そもそもやる必要があるのかどうかを疑問に思う声も。サロンで相談するのも勇気が入りますよね。

■見えないからやりにくい! 背中

・「背中の毛を自分で処理したいができない」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「背中のムダ毛処理。自分でなかなかできない」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「背中。自分では処理しにくいけど、パーティドレスなどで背中の開いた服とかを着ることがあるので」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

「背中」という意見も多くありました。背中を露出するような服を着ると、ムダ毛が気になりますよね。でも自分では見えない場所なので、どうやって脱毛したらいいのか悩んでしまいます。

■頻度がわからない! 顔の産毛

・「顔の産毛。頻度がわからない」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「顔の産毛です。生え際をどこまで処理するか悩みます」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「鼻下。毛周期サイクルが早いので、つい処理を忘れてしまうことがある」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「顔の産毛」や「鼻の下」という意見もありました。顔の産毛を剃ると化粧のりが全然違いますよね。でも脱毛する頻度や生え際をどこまで処理するかなど、悩みどころはたくさんあります。

■ボツボツ肌はどうしたらいいの?

・「肌を傷めずに剃れる方法はどれが一番よいのか」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「腕とか足のムダ毛を剃ると毛穴が目立ってくる」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ワキの毛。お手入れをこまめにすればするほど埋没毛ができてしまうこと」(33歳/医療・福祉/専門職)

他には「肌を傷めない剃り方」や「毛穴が目立つ」「埋没毛ができる」という悩みもありました。ボツボツ毛穴や埋没毛は、アフターローションできちんとケアをしても、なかなかきれいにならなくて困りますよね。

■まとめ

女性のみなさんが「ここのムダ毛処理はどうすれば?」と悩んでいるパーツについて、いろいろな意見がありました。デリケートゾーンや背中を自分でやるのは難しいし、顔の産毛にボツボツ毛穴も悩ましいところです。他の人はどうやって処理をしているかなど、脱毛に詳しい人に教えてもらいたいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数159件。22〜34歳の女性)

お役立ち情報[PR]