お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

泣き叫ぶ子を見たとき!? 「子どもはまだいらないな……」と思った瞬間4選

ファナティック

女友達が結婚して、子どもが生まれたと聞いたとき、友人としてはうれしい気持ちになりますよね。「自分もいつかは……」と思う一方で「いや、やっぱりまだ子どもはいらないな……」と思ってしまう瞬間もあります。どんなときに「子どもはまだいらないな……」と思うのか、社会人女性のみなさんに聞いてみました。

<子どもはいらないな……と思った瞬間>

■まだまだ遊びたい!

・「友達と旅行に行くのが楽しいとき」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分の趣味や遊びを優先させたいとき」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「飲み会など楽しい夜遊びがあるとき」(31歳/金融・証券/専門職)

多かったのは「友達との旅行が楽しいとき」など、「まだまだ遊びたい!」という意見でした。子どもができると旅行にもなかなかいけなくなるので、遊べるうちはとことん遊びたいという人も多いようです。

■仕事が楽しい!

・「仕事がノリにのってるとき」(32歳/自動車関連/技術職)

・「仕事が毎日忙しいとき」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「仕事が楽しく、自由に飲み会に参加して楽しかったり、それが仕事に繋がったりするとき」(31歳/その他/クリエイティブ職)

「仕事が乗っているとき」という意見も多くありました。責任のある仕事を任されたり、やりがいがある仕事だと毎日が楽しいですよね。仕事が充実していると、子どもを産んで育てるのは難しそうです。

■めんどうを見られる気がしない

・「外食先で、子どもが騒いでるのを見たとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「電車の中で泣き叫ぶ子を見たとき。めんどうを見られる気がしないから」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「わがまま放題な子どもが、スーパーで大泣きして親にお菓子をねだっているとき」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

「子どもが騒いでいるのを見たとき」など、外出した先で泣き叫ぶ子どもを見て「無理……」と思う人も多いようです。泣き叫んでいる子どものめんどうを見るのも大変だし、それが毎日のこととなるとためらってしまいますよね。

■やっぱり大変そう……

・「子育てで疲れ果てた友人を見たとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「子育て中の女友達の愚痴を聞いたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「友達の子育てが大変そうだなと実感したとき」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

ほかには「子育てに疲れた女友達の愚痴を聞いたとき」という意見もありました。女友達からの子育ての話は貴重なものですよね。夜泣きや走りまわる子どものめんどうを見るのは「やっぱり大変そう……」と実感する瞬間です。

<まとめ>

「子どもはまだいらないな……」と思う瞬間について、さまざまな意見が寄せられました。遊びや仕事に打ち込みたかったり、子どものめんどうを見られる気がしなかったりと、それぞれに理由がありました。自分で産んだ子どもなら愛おしいかもしれませんが、いろいろなことを考えると「子どもはまだいらないな……」と思ってしまうのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月13日
調査人数:105人(22~34歳の働く女性)