お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

あ~、痛いよ~。生理痛をごまかすためにしていること・4つ

ファナティック

人によって生理痛のつらさはちがいますが、症状が重い人の場合には寝込んでしまうこともありますよね。そこまではいかなくても、薬に頼らずに生理痛をごまかしながら仕事をしている人も多いのではないでしょうか。ではどんな方法で生理痛をごまかしているのか、女性のみなさんに教えてもらいました。

<生理痛をごまかすためにしていること>

■おなかや体をあたためる

・「おなかをあたためる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「体をあたためる」(33歳/情報・IT/技術職)

・「おなかにカイロを貼ってあたためること」(30歳/情報・IT/その他)

多かったのは「おなかや体をあたためる」という方法でした。おなかや腰にカイロを貼ってあたためると、生理痛の痛みもだいぶやわらぎますよね。カイロは冬だけではなく、1年中活躍してくれる便利なアイテムです。

■仕事に没頭する

・「忙しく動く」(26歳/電機/その他)

・「仕事に没頭して忘れるようにする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「一生懸命仕事をする。何かに打ち込むと痛みを忘れられます」(31歳/情報・IT/営業職)

「仕事に没頭して忘れるようにする」という方法もありました。何かに集中しているときは痛みもまぎれますよね。最初はしんどくても、動いているうちに痛みを感じなくなってくることもあるようなので、試してみる価値はありそうです。

■リラックスする

・「アロマをたく」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ヨガ。リラックスして気がまぎれる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「ミントティーを飲んだり、ラベンダーの香りが症状を和らげると聞いたので上手に利用している」(25歳/食品・飲料/専門職)

アロマをたいたりヨガをしたり「リラックスすることで気をまぎらわす」という方法もあるようです。ハーブティーやラベンダーの香りは、痛みをやわらげる効果があるので、生理痛も楽になりそうですね。

■好きなことをする

・「映画を見る」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「痛いときはなるべく好きなことをする」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

ほかには「映画を見る」など、自分の好きなことをするという方法も。「仕事に没頭する」と同じく、好きなことに熱中しているときは痛みを忘れられそうですね。映画やドラマ、読書など、生理中は好きなことをするのが一番の特効薬かもしれません。

<まとめ>

「生理痛をごまかすためにしていること」には、おなかを温めたり仕事に没頭したり、アロマをたいてリラックスしたりと、さまざまな方法がありました。それほど重くない生理痛なら、これらの方法が役に立ちそうです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月13日
調査人数:105人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]