お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

「彼が子どもを抱いた写真が」「置き手紙で別れ」最強に苦しかった恋愛体験

ファナティック

恋愛は楽しいときもあれば、辛く悲しいことも……。みなさんはこれまでに、恋愛でどんな喜怒哀楽を体験してきましたか? 今回は女性のみなさんが、これまでの恋愛で最強につらかったと語るエピソードをご紹介します。共感できるエピソードがある方も多いのではないでしょうか?

■別れは突然に

・「付き合ってたはずの彼氏が突然音信不通になって、たまたま半年くらいしてLINEの顔写真を見たら、子どもを抱いていた」(24歳/金融・証券/営業職)

・「別れを置き手紙で伝えられたこと。自分の中ではうまくいっていたと思っていたから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『疲れた』と言われて、別れを告げられたこと」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

突然、彼が音信不通になり、一方的に別れを告げられるといった経験も。自分の中では仲がうまくいっていると思っていただけに、突然の出来事にはショックが大きいようです。

■ドロ沼な恋愛関係

・「学生時代に、好きな人が私の友だちと付き合いはじめて、目の前でイチャイチャされるのがつらかった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「好きになった人が、自分の友人のことが好きだったとき。どうしようもないやるせなさと、寂しさを感じた」(27歳/電機/事務系専門職)

・「片思いの相手に『好きな人がいるから』とフラれ、しかもその好きな人が自分の親友だった」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ずっと片思いしていた好きな人は友だちのことが好き。友だちも彼のことも好きなだけに、天秤にはかることができず、片思いのまま終わらせてしまう女子も多いみたいですね。

■遠距離恋愛の末

・「大阪と神奈川の遠距離のときは、いらぬヤキモチばかり焼いてつらかった」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「2年間の遠距離恋愛の結果が、相手に好きな人ができて終わった……」(29歳/情報・IT/技術職)

一番、破局しやすいと言われている遠距離恋愛。お互い会えないままだと、自然に心の距離もできてしまうものですよね。気づいたときには熱が冷めていて失恋なんて悲しすぎます。

■浮気された・浮気相手だった

・「浮気されたこと。しかも相手は私の友人。身近なところでしないでほしい」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「付き合った人が既婚者だったこと。結婚も考えていて、一緒にいて安心感もあり信頼もしていたけれど、裏切られた」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「結婚しようと言ってくれた彼に二股をかけられてフラれた、お金も貸していたし、心身ともに傷ついて最強につらかった」(33歳/機械・精密機器/技術職)

好きだった相手に裏切られるつらさは、味わった人にしか分からないもの。もう相手への愛が冷めているならともかく、大好きな彼に浮気されていたなんて、ショックで寝込んでしまいそうですね。

■まとめ

人の気持ちは移ろいでいくもの。とくに恋や愛というものは、一瞬で燃え上がり一瞬で冷めるということもありますよね。しかし、その激流に揉まれた経験は、一生引きずってしまい、立ち上がるのは時間がかかりそうです。みなさんも、こんな最強につらい恋愛エピソードはありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数161件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]