お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

「垂れ乳」防止のために心がけるべき3つのこと

ファナティック

バストのハリは、年齢を重ねていくうちに失われていくものですが、できる限り、ハリを保ちたいもの。そこで今回は、女性のみなさんに「垂れ乳」を予防するためにがんばっていることについて教えてもらいました!

■胸筋を鍛える!

・「胸筋を鍛えるストレッチをしている」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ストレッチをして、胸筋を動かすようにしている」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「胸筋を鍛えるために腕立て伏せをしている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「気になったときに胸筋を鍛えるよう、胸の前でいただきますのポーズをする」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

胸の筋肉の衰えは、バストからハリを奪う最大の敵です。筋肉をつけるだけではなく、猫背にならないように、姿勢にも日々気を付けることが大切です。

■下着の着け方が大事!

・「自分に合った下着を身につけることが大事だと思う。下着への出費は惜しみたくない」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「寝るとき以外はブラをしっかりする」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「ブラトップなどで楽をしない。いつでも自分に合ったブラを正しく着ける」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「寝るときも、夜用のブラを着けている」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

自分の体に合っていないブラジャーを身に着けることも、「垂れ」を招く大きな原因です。また、最近では、夜、眠っている間に着用する夜用ブラジャーも発売されているので、うまく活用するとよさそう。

■クリームでマッサージ

・「バスト用のクリームを使う」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「お風呂上がりに、ボディクリームでマッサージ」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お風呂場でマッサージしたり、腕立てをして大胸筋肉を鍛えている」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「マッサージをする」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

血行をよくすることで、お肌にハリが生まれれば、バストも自然とやわらかな膨らみを持ちます。ただ、デリケートな部分なので、力は加減して、やさしくマッサージをするよう心がけて。

■まとめ

バストの美しさは、女性らしさをアップさせるポイントでもあります。「バストに自信が持てない……」と悩むよりは、「自分は美しいバストだ」と思えるようがんばりたいもの。そのためにも、日々の生活の中でできるバストケアはぜひ実践していきましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日〜13日
調査人数:153人(22歳〜34歳の働く女性)

★魅力的なバストの持ち主が多い県はどこ?

胸が大きい県2位は島根! 全国バストランキング

お役立ち情報[PR]