お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第5話 つい、はずみで

そんな風に言われた途端、
わたしの中で何かの火がポッと灯った。
テンションが上がって胸がドキドキした。

正直、男性から「ステキ」と言われたのは、
その時がはじめてだったから。

いや……パーティでの見え透いたお世辞とか、
誰にでもそう声をかけるナンパなどでは、
言われたことはあったかも。

でも、きちんとした人間関係を結んだ人から
「女性としてステキ」なんて、
言われたのは初めてだった。

だけどここで、そんな動揺は見せないで。
クールに。クールに振る舞うのよ、ひより。

「偶然ですね! わたしも課長、
前からいいと思ってたんですよ」

そう言って、内心の動揺を隠し、
できるかぎり澄まして、ゆっくりと微笑んだ。

すると孝太郎も、ゆっくりと微笑んだ。
「結婚する前に、きみと出会っていたらな」

お役立ち情報[PR]