お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

どうにもならないんです! 男性に知っておいてほしい生理のあれこれ4選

ファナティック

女性にしか起こらない「生理」の症状は、男性にはなかなか伝わらないものです。PMSでイライラしても、男性にとっては「???」ということも。そこで今回は「男性に知っておいてほしい生理のあれこれ」と題して、女性のみなさんから話を聞きました。

<男性に知っておいてほしい生理のあれこれ>

■情緒不安定になるのはホルモンバランスのせい!

・「ホルモンバランスのせいで情緒不安定になる」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「精神的に不安定になりやすいことを理解してほしい」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「生理前は精神的に不安定になってしまうことが多い」(29歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

多かったのは「情緒不安定になることを理解してほしい」という声でした。特に生理前はPMSと呼ばれる症状もあり、イライラしたりちょっとしたことで泣いてしまったりすることもありますよね。これはぜひ男性に知っておいてほしいものです。

■生理痛は普通の腹痛よりもはるかに痛い!

・「生理痛は気持ちでどうにかなるような痛みではない」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「生理痛というのは言い訳に使うものじゃなくて本当につらいときもある」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「男性が知っている普通の腹痛より、はるかに痛くて気分も浮き沈みがあるということ」(30歳/情報・IT/その他)

男性に「生理痛のつらさ」を伝えようとしても「ただおなかが痛いだけじゃないの?」と思われてしまうことも。でも生理痛は、普通の腹痛よりもはるかに痛いこともあるし、腰も痛くてどんよりします。気の持ちようで痛みがなくならないのがつらいところです。

■体調が悪いから外出したくない!

・「生理のときはなるべく外出したくない」(31歳/金融・証券/専門職)

・「体調が悪くなっているときはそっとしてほしい」(32歳/その他/事務系専門職)

・「多い日には、デートせず家でゆっくり過ごしたいと思っていること」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

生理のときにデートの予定が当たった場合は、できれば外出しないで体を休めたいですよね。彼が気を使っておうちデートに切り替えてくれたとしても、生理痛に苦しむ姿はあまり見せたくないもの。体調が悪いときはそっとしておいてほしい人もいるみたい。

■症状には個人差がある!

・「人によって量も程度も差がある」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「人によって、症状はいろいろであること」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「生理痛には個人差があるけれど、つらいものだということ」(29歳/学校・教育関連/専門職)

生理のときの症状には個人差がありますよね。生理痛がほとんどない人もいれば、寝込んでしまうほど重症な人もいます。個人差があることも知っておいてほしいですね。

<まとめ>

「男性に知っておいてほしい生理のあれこれ」について、とても切実な意見が多く寄せられました。情緒不安定になることや、生理痛の痛み、外出したくなかったり個人差があったりと、生理のない男性にとっては初耳のこともあるかもしれません。男性のみなさんには、ここに寄せられた意見を参考にしてほしいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月13日
調査人数:105人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]