お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

いやん、わたし色っぽい……? フェロモンが出ているなと思う瞬間4選

ファナティック

異性を惹きつけると言われている「フェロモン」。フェロモンが多い女性は男性にモテるイメージがありますよね。今回は自分で「フェロモンが出ているな」と思う瞬間について、働く女性に聞きました。

■恋をしているとき

・「恋してるとき。恋をすると女性ホルモンがアップすると聞くので」(24歳/金融・証券/営業職)

・「好きな人を見ているとき。ときめき成分が出ている感じがするから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「恋をしているとき。恋をしているときはなんか妙に色っぽい気がするから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

とても多かったのが「恋をしているとき」という意見でした。好きな人ができると、肌がきれいになったりしますよね。それも「ときめき成分」とフェロモンのおかげかも?

■自信があるとき

・「仕事がうまくいっているとき。自信に満ちあふれているので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「髪形や服装がうまくいったとき。自信を持ってふるまえるから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お化粧がうまくいったとき。ベースメイクがうまくいくと自分に自信が持てて色気も出る気がする」(29歳/ソフトウェア/技術職)

仕事やメイクが上手くいって「自信があるとき」という意見もありました。自分に自信がある人は、まわりから見ても魅力的に見えますよね。内側から輝くようなフェロモンが出ていそうです。

■お酒を飲んだとき

・「酒を飲んでいるとき。目がトロンとしてくるので」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「お酒を飲んで酔っ払っているとき。話し方がゆっくりになっている気がするから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「お酒を飲んだとき。お酒を飲むと、神経的にもリラックスして目つきも緩むから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「お酒を飲んだとき」という意見も多くありました。お酒を飲むとリラックスして、しゃべり方もゆっくりになりますよね。スキがある状態は、女性を色っぽく見せるのかもしれません。

■弱っているとき

・「ホロリと涙を流したとき。泣くと目元が赤らんでセクシーに見える気がする」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ちょっとネガティブなとき。少し弱気なほうが女性らしく振る舞っている」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「弱って無防備になっているとき。防備するエネルギーさえないとき、余裕がないときは隙が生まれていると思う」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

他には「涙を流したとき」など、弱っているときにフェロモンが出ているという意見も。弱っているときは心が無防備になっているので、普段とはちがうフェロモンが出ていそうですよね。

■まとめ

「フェロモンが出ているな」と思う瞬間について、女性のみなさんからいろいろな意見が寄せられました。恋をしているときやお酒を飲んだときなど、さまざまな場面でフェロモンが出ていると思う瞬間があるようです。あなたはどんなときに「フェロモンが出ているな」と感じますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数159件。22~34歳の女性)

★男ウケを狙うなら……記事をチェック!

こじはる担当に聞く! 男ウケメイクのコツ

お役立ち情報[PR]