お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

下から丸見え!? ドン引きした「他人のムダ毛」目撃談11

ファナティック

夏は露出の多いファッションを楽しみたい季節。でも、露出が多いということは、そのぶん肌やムダ毛のお手入れをバッチリしておかないとマズイ、ということでもあります。お手入れを怠っていると、周囲の人々にマイナスなイメージをあたえてしまうことも。そこで今回は、女性のみなさんに同性のムダ毛を目撃してドン引きした経験について教えてもらいました!

■ワキ毛が……

・「電車で座ってたら、前に立ってるノースリーブのお姉さんにワキ毛が……。ノースリーブを着るなら処理したほうがいいですよ……!」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「電車の中で目の前に立った女性をふと見た瞬間、トップスの下からワキ毛が全開。つり革を持っているほうが下から丸見え状態でドン引きしました」(31歳/情報・IT/営業職)

・「同僚と着替えをしていたときに、同僚のワキが見え、ワキ毛がボーボーだったときに引いた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

夏に一番見えやすいムダ毛といえば、なんと言ってもワキ! 袖の長い服装のときは見えない部分ですが、袖が短くなった途端、見られるリスクは一気に高くなります。ぜひこまめな処理を心がけたいところ。

■意外と忘れがちな顔の毛

・「うっすら口元にヒゲの生えている女性を見たとき。そこだけはちゃんとケアしないといけないと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「友だちの顔のうぶ毛がフサフサと目立っていて、話していてもそちらが気になってしまった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「口のまわりのうぶ毛が濃い人がいて、さすがに剃ってほしかった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「近くで会話していて、鼻の下にヒゲが生えてて引いた」(23歳/医療・福祉/専門職)

オールシーズン、顔のムダ毛には気を配らなくてはなりません。会話をしているときに「うわぁ……」と思われないためにも、スキンケアの最後のステップとして顔のムダ毛を処理するクセはつけておきたいところ。

■下半身も……

・「海水浴に行ったらデリケートゾーンの毛がボーボーで、ビキニラインからはみ出ている女性がいた」(33歳/小売店/販売職・サービス系))

・「超ローライズのジーンズが流行っていたとき、下の毛の処理をしていなかったのか、ハミ出している女性がいた」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「ストッキングの下のスネ毛がうず巻いていた」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「足のスネ毛が濃いのにそのままだった」(33歳/その他/クリエイティブ職)

水着になるときは、VIOラインのお手入れは必須です! でも、ついつい処理のし忘れがあることも……。また、素足を出す季節なのですから、スネの処理も入念にしなくてはなりませんよね。

■まとめ

夏はほかの季節以上に、ムダ毛のことに気を配らなくてはなりません。「毎日の処理が面倒くさい」という人は、サロンなどで脱毛してもらうのも手。自分に合ったムダ毛処理の方法で、誰に見られても恥ずかしくないようなツルツル肌をキープしていきましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日〜13日
調査人数:102人(22歳〜34歳の働く女性)

★ムダ毛処理が甘い女性を見て、男性はどう思う?

女性の「ムダ毛の剃り残し」を見たときの男性の反応は?

お役立ち情報[PR]