お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 人間関係

女の敵は女!? マタハラ、マウンティング……職場のいじめと対処法まとめ

フォルサ

「女の敵は女」とは良く聞く言葉ですが、リアルに職場では女同士の水面下での争いが絶えず行われているようです。妊娠している女性に対するハラスメント「マタハラ」も、実は同性である女性からの被害も多いと聞きます。そんな熾烈な争いの体験エピソードから、万が一巻き込まれてしまったときの対処法をまとめました。

■おんなの世界は恐ろしい!?職場でのいじめ体験

暴力を振るうなどの身体的なイジメではなく、女性ならではの陰湿さがみられる内容が特徴のようです。「そんな大人気ないこと本当にあるの?」と思いますが、実際にあったいじめエピソードを紹介します。

無視する、仕事を押し付ける

いじめの種類として挙げられたのが「無視をする」「無理な仕事を押し付ける」「お茶菓子をあげない」など。幼稚な嫌がらせ行為に、なんだか残念な気持ちになります。

こわ~い女の世界! 大人になってからのイジメ4つ「社員が大勢いる前で罵倒」

裏表が激しいのがキツイ

表ではいい顔をしている分、その本性がなかなかわからない人もいますよね。「友達だと思っていたら実は・・・」なんてことがあると、もはや人を信じられなくなってしまいそうです。

友だちの顔して実は敵! 女のまわりにひそむ恐ろしい「フレネミー女子」の実態4選

女の敵は女! 女子が目撃した「腹黒女子」の実態12選

もう嫌! 「女同士って超面倒くさい」と思ったとき 「一緒にトイレ」「裏表のある顔」ほか

■女は張り合う生き物?マウンティング女子に気をつけて!

かつてドラマでも話題となった「マウンティング女子」。常に相手より優位に立ちたいと思い、何かにつけ自分が上だとアピールする女性を指します。ちょっとした会話が嫌がらせの引き金になることも少なくないようです。

以外と身近にいるかも!?マウンティング体験談

笑顔の裏に「格上」「格下」の厳しいチェックがなされている女の世界。また、それらに黙っておらず口撃、あるいはお茶に雑巾の絞り汁を入れるという反則技?で反撃するという女性もいたり。ますますコワイです・・・

“オンナのマウンティング”の本当にあったコワーイ話

マウンティングにも負けない!?驚くべき悪女の生態とはいかに「嫌いな人のお茶に雑巾の絞り汁を入れている」

服装・持ち物チェックは当たり前!? 女子が「マウンティングされた!」と感じる瞬間

■マタハラ、実は同性による被害が続出

喜ばしいはずの妊娠・出産。お祝いムードのさなか、正直なところ「喜べない」と思っている人たちがいるのも事実。そう思わざるを得ない職場の労働環境もあるのかもしれません。

産休・育休に周囲は複雑な気持ち?

「どんどん取って利用しやすい雰囲気を確立してほしい」というポジティブな意見の一方で、「仕事を辞めてもらったほうが迷惑にならない」という厳しい意見も。やはり、仕事の負担が直接降りかかってくる人は批判的な意見を持ちやすい傾向にあるようです。

新卒入社なのに妊娠、女先輩からヒドいマタハラにあい転職した女性の話 転職しくじり女Part1

マタハラにも発展!? 「育休・産休」を取り巻く職場仲間の胸のうち【後編】

友だちからの妊娠報告! そのときの正直な気持ちって?⇒「悔しい:●%」

同僚や友人の結婚ラッシュ! 素直に喜べないのは、なぜ?

「妊婦は昇進に不利」不安に思う女性が7割。5人中4人は「産休中に借りたお金が山積み」

■あなたも標的にされるかも!? イラっとさせる女子はこんな人

職場の人間関係のドロドロにはできれば巻き込まれたくないもの。どんなタイプがターゲットにされやすいのか、まとめてみました。

気づいたら後輩ばかりになったら要注意

「お局」「非お局」には違いがあるようです。

アラサーになったら注意して!「お局」タイプと「非お局」な女性のちがい4つ

「今日なんか具合悪い」の言い過ぎはNG

なんだかいつも具合が悪いと言っている人っていますよね。その割には、仕事が終われば元気だったり。女性に限らず、男性にもみられるパターンな気がします。

正直、ウザい! 女性に聞いた「何かと病弱ぶる女性」の特徴

仕事とプライベートは区別するべし

ビジネスマナーに欠けたファッションや行動も陰口のネタにされやすい傾向に。この場合、陰口を言う方も言う方ですが、言われる側にも問題がありそうです。

女の敵は女!? 「この人、若づくりだな~」と思われてしまう人の特徴

それでも社会人!? 職場の新人女子にイラッとした瞬間6選

女の敵は女!? あなたの「同性に好かれる女度」診断

■職場の人間関係に苦痛を感じたときの対処法は?

相手にしない

何かって言うとマウンティングをしてくる人は、相手にすればするほどさらなるマウンティングをしかけてくるもの。できるのであれば相手にしないのが一番なのかも。

敵にまわすと怖い!? 女社会での噂や悪口との付き合い方

相手にしないのが一番!? 「マウンティング女子をうまくかわす方法10」

専門家に聞く! 女子がマウンティングする理由とマウンティングされた時の対処方法

嫌がらせがひどい場合は専門家に相談を

嫌がらせの度合いがあまりにもひどく、精神的に苦痛を伴うようであれば信頼できる上司や職場の産業医などに相談するのも1つの方法です。場合によってはセクハラやいじめが「労災」の対象になることもあります。

セクハラ・いじめは「労災」対象! 増加するメンタルでの労災申請と、知っておきたい実際のあれこれ

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]