お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

目が乾いて痛い、重い、かすむ! 眼科専門医に聞く、ドライアイを自分でチェック&ケアする方法

ユンブル

オフィスでは、冷暖房の影響で常に空気が乾燥しているように感じます。パソコンやスマホなどモニター機器での作業の影響もあり、目の乾きや疲れを感じる人は多いのではないでしょうか。日本眼科学会は、「現在、日本では約800~2,200万人ものドライアイの患者さんがいるといわれ、オフィスワーカーにおいては3人にひとりがドライアイという報告もあり、年々増加傾向にあります」と発表しています。そこで、眼科専門医でドライアイに詳しいみさき眼科クリニック(東京都渋谷区)の石岡みさき院長にお話を聞いてみました。

■ドライアイの原因は、涙の状態の悪化

まず、ドライアイとはどういう症状なのかについて、石岡医師はこう説明します。

「言葉のとおり、ドライアイとは目が乾くことを言いますが、医学的には、『目の乾きによって現れるさまざまな症状が原因で、目の機能が障害されて日常生活に差し支える状態』で、慢性的な病気を指します。

目の表面は常に涙で覆われ、守られています。ドライアイになると、涙の量が不足する、また、涙の質が悪くなります。重症ドライアイでは目の表面に傷ができますが、傷ができなくてもゴロゴロしたり充血を感じたりします。見えにくさが出ると眼精疲労につながります」

ドライアイとは、単なる乾き目のことではなく、涙の状態が悪いことから引き起こされる、目の機能を損なう症状全般を言うとのことです。

■10秒以上、まばたきせずに目を開いておけるか

ではここで、ドライアイに関する次の10の項目でチェックしてみましょう。

「軽い症状だと感じる場合でも、2週間以上続いていれば、チェックしてください」と石岡医師。

□目が乾く感じがする
□目がごろごろするように感じる
□目が重い感じがする
□目の白い部分が赤く充血することが多い
□目がかゆいことがある
□ものがかすんで見えることがある
□理由もなく、涙がたくさん出ることがある
□目やにが出て気になる
□光を見るとまぶしく感じる
□目の疲労感がいつもある

 

いかがでしたか。「これらの項目はどれも、ドライアイによる症状です。このうち、5つ以上にチェックが入った場合と、もうひとつ、『10秒以上、まばたきをしないで目を開いておくことができない』場合は、ドライアイの可能性が高くなります。自己診断をせずに、早めに眼科を受診して医師に相談しましょう」(石岡医師)

■モニター機器、コンタクトレンズ、エアコン、目薬、洗眼液に注意

ドライアイを予防するために、自分でできる方法を石岡医師に教えてもらいました。

・日ごろから、1時間に1度は意識をしてまばたきを何度かする。
・パソコン、タブレット、スマートフォン、テレビなどのモニター機器を、1時間以上見続けないようにする。継続するときは、1時間に10分はモニターから目を離して遠くを見て、休息する。
・パソコンやテレビは、モニターを目より下に置く。見上げる状態だと、目を見開くことになって涙が蒸発しやすくなる。
・ソフトコンタクトレンズは、涙を吸着する素材でできているので、長時間装着しないようにする。
・ハードコンタクトレンズは、レンズの周囲が乾きやすい。ソフトでもハードでも、レンズを使用する人は、そうでない人に比べて涙が蒸発しやすいため、装着時間を短くするようにする。
・エアコンや扇風機の風が目に直接はもちろん、顔の付近にもあたらないようにする。
・市販の目薬や洗眼液を使いすぎると、かえって涙の質が悪くなる、層を壊して目が乾くことがあるので注意する。
・水道水で目を洗わない。水道水に含まれる塩素が涙の層を壊して目に傷をつけることがある。
・睡眠不足に注意。よく眠れなかった翌日は、皮ふ同様に目も乾いているため、コンタクトレンズを装着しないようにする。

最後に石岡医師は、コンタクトレンズの装着について、こうアドバイスを加えます。

「目の乾きがひどいと、コンタクトレンズが目に貼りついてとれないという人もいます。渇きにくい素材のタイプにしても乾き目が気になる場合は、できるだけコンタクトレンズを外して、メガネで過ごすようにしましょう」

■まとめ

長時間のパソコンやスマホでの作業、コンタクトレンズの装着、目薬や洗眼液、水道水、エアコン、睡眠不足など、日常的にしてしまっていることばかりです。日ごろから涙の量や質を意識した生活をすることで、ドライアイは予防できるかもしれません。さっそく実践したいものです。

(品川緑/ユンブル)

取材協力・監修:石岡みさき氏。眼科専門医。医学博士。みさき眼科クリニック院長。横浜市立大学医学部卒、アメリカ・ハーバード大学に留学、眼の免疫の研究に従事。帰国後、東京歯科大学市川総合病院、両国眼科クリニック院長を経て現職。専門はドライアイ、眼のアレルギー。
みさき眼科クリニック:東京都渋谷区上原1-22-6-1F
http://www.misaki-eye.com/

お役立ち情報[PR]