お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

顔と服が合ってな~い! 男子目線で見た「若づくり女子」の特徴3選

ファナティック

ワンピース実年齢より若く見られるというのは、女性としてはうれしいことですよね。反対に「若づくり」だと思われたら、ちょっと悲しい気持ちになってしまいます。今回は男性のみなさんが、「若づくり」だと感じたアラサー女子のファッションを紹介いたします。

■短めのスカート

・「タイトなミニスカ」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ミニスカートやショートパンツ」(31歳/情報・IT/技術職)

・「丈の短いスカート」(33歳/学校・教育関連/専門職)

女性の露出を好む男性は多いですが、場合によっては若づくり判定されてしまうこともあるようで。いくつになってもミニスカートが似合う方もいますが、鏡の前に立ったときは客観的な目で自分に似合っているかどうかをチェックすることが大事なのかもしれません。

■巻き髪・つけまつげ

・「髪の毛クルクル」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「つけまつげ」(30歳/その他/事務系専門職)

・「ワンピースで巻き髪」(28歳/金融・証券/専門職)

かつてのエビちゃんを思わせるゴージャスな巻き髪やワンピース。あまりにも若いトレンドを意識したヘアメイクをしていると、大人っぽい顔とのギャップで、余計に見た目年齢が上がってしまう、というケースもあります。若く見られるためには、思い切って年齢相応のヘアメイクをする、という選択肢もあるのではないでしょうか。

■リボンやフリルつきの服

・「フリルのついた衣服を身に着けている」(36歳/情報・IT/技術職)

・「フリフリの洋服を着られると、ちょっと苦笑い」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「リボンやフリルのついた洋服を着ている」(35歳/建設・土木/技術職)

リボンやフリルのついた服は、いかにも女の子という感じですね。若い人の服装は大きなリボンやフリルであどけなさを出すのもかわいいかもしれませんが、アラサー世代はシンプルでかっこいいスタイルのほうが、しっくりくるのかも?

■まとめ

若づくりというのは、基本的に本人の意図しないところで、まわりにそう思われてしまった。という場合が多いのではないでしょうか。自分では、「やりすぎ」に気づきにくいのも事実。鏡の前に立ったときは、冷静な目でそのファッション、そのヘアメイクが等身大の自分に釣り合っているのか見定める目を持つことが大事なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]