お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

睡眠と疲労の医学博士が教える。寝る前のホラー映画、お酒、熱い風呂は寝つきが悪くなる!

ユンブル

「寝る前に、熱いお風呂にさっと入って、お酒を飲みながら怖い映画を見るのが趣味だ」という人、いませんか? 「どれをとっても、寝つきが悪くなって睡眠の質が下がります」と話すのは、大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授で、東京疲労・睡眠クリニック(東京都港区)の梶本修身(かじもと・おさみ)院長。国家プロジェクトとして疲労と睡眠対策の最新研究を進める梶本医師に、詳しいお話を伺いました。

■ぐっすり眠れるかは、自律神経の状態による

「睡眠の質には、自律神経の状態が影響します」と話す梶本医師はまず、その自律神経の働きについて、次のように説明します。

「自律神経には2つの種類があります。ひとつは興奮したときや刺激を受けたときに働く『交感神経』で、おもに活動時や昼間に活発になります。もうひとつは、休息時や安静時に影響する『副交感神経』で、リラックスしているときや夜に働きます。

この2つの神経が互いにバランスをとりあって、自分の意志ではコントロールできない体の機能、呼吸、心臓の拍動、血圧、ひとみの動き、体温、汗、胃や腸、腎臓、肺など内臓の動きを調整しています。

睡眠時は休息タイムですから、副交感神経が優位であると寝つきがよくてぐっすり眠ることができるわけです」

■ホラー映画の刺激、モニターの光がダブルで睡眠をさまたげる

ホラー映画を観ると寝つきや睡眠の質が悪くなるというのは、自律神経の働きに関係するのでしょうか。

「そうです。映像や物語が刺激となって、脳に興奮や緊張をもたらします。すると、交感神経のほうが優位になって体が活動状態になり、体温や血圧、拍動が上がって寝つきは悪くなります。眠りも浅くなって夜中に目が覚めるなど、ぐっすり眠ることはできないでしょう。

さらに、テレビやスマホ、パソコンなど光源をもつ対象を見る行為は、実際の輝度以上に目への光刺激となり、脳を昼間だと勘違いさせてしまいます。寝る数時間前に長時間見るのは避けましょう」と梶本医師。

ホラーやミステリー、サスペンスの映画を観ることは、興奮とモニターの光の要因から睡眠に悪影響を及ぼすということですね。では、寝る前に熱いお風呂に入る、お酒を飲むのはどうして熟睡をさまたげるのでしょうか。

「熱いお風呂やサウナに入れば汗が出て気持ちがいい、お酒を飲むと眠くなる、また、コーヒーや紅茶、緑茶を飲むとリラックスできるという人はとても多いのですが、実はどれも、快眠のためにはよくありません。

どの行動も脳に刺激や興奮を与えることになって、眠りが浅いまま、ぐっすり眠れなくなるでしょう。

また、コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェインは覚醒作用があることはよく知られていますが、その作用は4時間以上と長く続くので、夕方以降にこれらを飲むと寝つきは悪くなります」と梶本医師。

■悩みごと、ストレスがあると、交感神経の影響で睡眠の質が悪化する

悩みやストレス、心配ごとがあるときも、問題が頭をよぎって眠りにつきにくくなります。

「ストレスや不安があると緊張するため、交感神経が優位になって睡眠の質が下がります。長く続くと脳疲労が蓄積して、何らかの体調不良が現れることもあるでしょう」と梶本医師。

では、それらを避けて少しでも質が高い睡眠を得るにはどうすればいいのでしょうか。梶本医師は、こうアドバイスを加えます。

「副交感神経が優位な状態であれば、寝つきがよくなり、ぐっすり眠ることができます。そのためには、寝る2~3時間前から、脳に刺激を与えずに、リラックスして副交感神経が優位になるように過ごしましょう。

お風呂は38度~40度のぬるいお湯に半身浴を10分ほどすると疲労回復につながることがわかっています。また、夜は蛍光灯の白い光を切って、オレンジ色の間接照明にして過ごすと、脳がリラックスモードに切り替わります。

ホラーやミステリー映画の鑑賞、仕事をする、スマホやパソコン作業をする、飲食など、とにかく脳と体に刺激や興奮を与える行動は避けてください。

ごく軽いストレッチ、静かな音楽鑑賞や心穏やかになるような読書などをして過ごしましょう」

■まとめ

良質な睡眠のための、寝る前の習慣を心がけたいものです。

(海野愛子/ユンブル)

取材協力・監修:梶本修身氏。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。医学博士。国家プロジェクトとして疲労対策の研究を続ける。著書に『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)、『「体の疲れ」が消える本』(成美文庫)ほか。『林修の今でしょ講座』『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日)、『世界一受けたい授業』(日本テレビ)ほかメディアに多数出演、睡眠と疲労に関する新常識の提案、分かりやすい解説で知られる。
東京疲労・睡眠クリニック:東京都港区新橋1-15-7 新橋NFビル3F
http://疲労クリニック.com/

お役立ち情報[PR]