お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

ねじって、●●を締めて! 「くびれ」を作るためにしていること3選

ファナティック

曲線的なボディラインを作るためには欠かせない、くびれたウエスト。ちょっと油断するとすぐに寸胴ボディになってしまうこともあり、なにかと女性を悩ませるパーツでもありますが、毎日のちょっとした努力次第でくびれをキープすることは十分可能です。そこで今回は、くびれを作るために女性たちが実践していることについて聞いてみました。

■腰回しやねじりエクササイズ

・「骨盤まわしなどのストレッチ」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「腰をねじるストレッチをしている。ひねる動きがくびれにいいと聞いたので」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「なるべく階段を使って、ヒップアップを意識している。ヒップが上がるとくびれが強調されると思っている」(33歳/その他/事務系専門職)

・「横の腹筋を鍛えるために毎日30回ずつ行っている」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

くびれを作るためにはただ痩せるだけでなく、ぽっこりお腹を押さえる筋肉、斜めラインでお腹を引き締めて見せる筋肉を鍛えることも大事。腰を大きく回したり、ウエストをひねるような動作を日常生活に取り入れれば、しっかりエクササイズできるはずです。

■背筋をピンと! を意識

・「腹筋を意識。姿勢を意識すると引き締まる」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「姿勢をよくする。たるんだら大変」(28歳/その他/その他)

・「腹筋と背筋を両方鍛えられるから、姿勢に気をつけて歩く」(29歳/生保・損保/専門職)

背中が丸まって肩が前に落ちた姿勢では背筋も腹筋もしっかり使えず、くびれがどんどん遠のいていくことに。歩いているときや座っているときに姿勢をよくすることに気をつけるだけでもくびれを作ることはできるそうです。姿勢がよくなると自然に、全体的なスタイルもよく見えるので一石二鳥ですね。

■ウエストを甘やかさない

・「きちんと腰回りを締める服を着ること。ダラッとした服を着ると体型までダラっとしてくるという話を聞いたので」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「ベルトをして、自分のサイズを意識している」(32歳/学校・教育関連/技術職)

ウエストがゴムの楽な洋服ばかりを着ていては、くびれはすぐに失くなってしまうもの。ゆるっとしたファッションばかりでは、体型もだらけていってしまうということですね。ベルトをすることで、自分のウエストまわりを意識しやすくする、という声もありました。

<まとめ>

毎日ケアを続けるのは大変。でも、くびれを作るためには欠かせないことでもあるので、日常的な仕草にエクササイズを取り入れるのも続けるコツと言えそう。歩くときや座るときに腹筋を意識する、後ろにあるものを取るときには腰をねじるなど。エクササイズの時間を作れないという人でもこのくらいなら続けやすいはず。ぜひ毎日の習慣にしていきましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時;2016年4月15日〜18日
調査人数:102人(22歳〜34歳の働く女性)

★くびればっちり、理想のカラダは180分でつくれる!? 体験レポをチェック!

美ボディを生み出す「時空を旅する」スパトリートメントって!?

お役立ち情報[PR]