お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

男子はちゃんと見てる! キレイな人が「やらない」コト4選

ファナティック

日々「キレイになりたいなあ」と思い、メイクやスキンケアに励んでいる女性も多いことでしょう。キレイになるためにスキンケアやメイクも大事ですが、同時にしぐさや振る舞いも大事なポイント。今回は、社会人男性にキレイな女性がやっていないことについて聞きました。

■暴飲暴食!

・「暴飲暴食。キレイな人は美を保つ努力をしているから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「お腹いっぱい食べる。太っている人は少ないと思うから」(37歳/医療・福祉/その他)

・「暴飲暴食。暴飲暴食していると、太ったり肌が荒れたりするから」(28歳/その他/技術職)

暴飲暴食は美容に悪いですね。するとキレイから遠ざかるのはもちろん、キレイなのに暴飲暴食をしている人がいると、本当は何か問題があるのかなと思ってしまうかもしれません。

■がに股で歩く!

・「がに股。歩いている姿勢や足元がキレイな人ほど、全体としてステキな人であることが多いから」(30歳/情報・IT/営業職)

・「がに股。キレイな女性は歩き方もキレイ」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「がに股、足を放るような歩き方。スタイルの良さが台無しになると思う。男は一発で幻滅する」(32歳/学校・教育関連/専門職)

大股を広げて歩くがに股。いまどき極端ながに股の人はあまり見ませんが、その傾向のある人はいるのでは? 歩き方で美人度が左右されますから、気をつけたほうがいいですね。

■言葉づかいが汚い!

・「男みたいな乱暴な言葉遣い。言葉づかいが悪いと幻滅する」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「汚い言葉づかい。似合わない」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「乱暴な言葉づかい。話し方で内面の美しさがわかるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

汚い言葉づかいをする人とは、男性ともあまりお近づきになりたくないですよね。まして、キレイな女性は言葉づかいも洗練されているイメージがあります。それを崩さないようにしましょう。

■自宅でダラダラ!

・「ヤケ酒。イメージが崩れるから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「ずぼら飯。オシャレじゃないから」(27歳/農林・水産/技術職)

・「ソファでうたた寝。キレイな女性は生活にメリハリがありそうだから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

キレイな女性は自宅に戻ってからも、規則正しい生活をしていそうですよね。もし自宅ではだらけているようだと、キレイな女性からは遠ざかってしまう……とわかっていても、やってしまいがち、要注意です!

■まとめ

キレイな女性になるためのメソッドは、メイクからダイエットまでいろいろありますが、振る舞いや言葉づかい、しぐさも大事なポイントです。逆に振る舞いや言葉づかい、しぐさや生活習慣がきちんとしていれば「きちんとしていてステキな人だな」と思われるのはないでしょうか。まずは基本的な部分から見直したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数108件。22~39歳の男性)

★透明感のあるお肌を目指すなら……記事をチェック!

皮膚科医に聞く、「透明感のある肌づくり」の秘訣

お役立ち情報[PR]