お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

歯科医が教える新常識! 食後ではない「歯磨きのゴールデンタイム」とは!?

ユンブル

昼食後に、オフィスのトイレでゴシゴシブクブクと歯を磨く人の光景をよく見かけます。食後の歯磨きについて、歯学博士で江上歯科(大阪市北区)の江上一郎院長は、「むし歯予防のために、かつては食後3分以内に3分間、1日3回歯を磨きましょう、と言われたものですが、いまではそれは間違いだったことがわかっています。食後すぐに歯磨き剤を使って磨くと、むし歯を予防する口内の活動をはばむことになって、逆効果なんです」と話します。早速、詳しいお話を聞いてみました。

■だ液の力で初期のむし歯は回復する

むし歯菌を取り除くためには、食後に歯磨きをする必要があると思っていました。江上医師は、「歯磨きの意味や目的は、そうではありません。だ液の働きに注目しましょう」と、次のように説明を続けます。

むし歯予防にとって、もっとも重要な働きを担うのは、自分のだ液です。歯磨き剤ではありません。

だ液には、むし歯にならないように細菌の増殖を防ぐ働きや、口の中の粘膜を保護する作用、口の中を清潔に保つ自浄作用、口臭をおさえる消臭作用などがあります

また、むし歯は初期のころなら、だ液の力で自然に治すことができるんです。むし歯菌は歯の表面に付着して『酸』をうみ出し、エナメル質からミネラルやイオンを流出させます。これを『脱灰(だっかい)』と呼びます。

脱灰を放っておくと歯に穴が開いてむし歯がどんどん広がるのですが、実はだ液には、このいったん溶け出したミネラルやイオンを再び歯に沈着させて修復させる働きがあるのです。これを、歯の『再石灰化』と呼びます。

脱灰と再石灰化は、食事のたびに繰り返されます。再石灰化が追い付いているとむし歯にはならないため、むし歯予防には、だ液の力が必要になります。

そして、食後は、食べ物の消化を助ける、飲み込みやすくする、味覚を助けるために、だ液がたくさん分泌されます。ですから、食後すぐに歯磨き剤でゴシゴシと歯磨きをすると、せっかく分泌されただ液を失うことになるため、食後すぐの歯磨きは必要がないのです」

■『寝る直前』と『起床直後』が歯磨きのゴールデンタイム

では、歯磨きはいつするのがいいのでしょうか。江上医師はこうアドバイスをします。

歯磨きのゴールデンタイムは、『寝る直前』と『起床直後』です。1日のうちで、だ液がもっとも減るのは、『睡眠中』です。夜中に目が覚めて、口の中の渇きを自覚することもあるでしょう。

このだ液が少ない睡眠中に、むし歯菌は、歯に付いている糖分をエサにして増えていきます。朝起きたときに口の中がネバネバしているのは、増殖した細菌の影響です。

これをできるだけ防ぐためには、睡眠中に、歯に糖を残しておかないこと、つまり、寝る前に歯を磨いておくことがポイントになります。

次に、朝起きてすぐ、睡眠中に口の中にたまったネバネバの細菌を洗い流すために、磨く必要があります」

どのぐらいの時間、どのように磨けばいいでしょうか。

寝る直前も起床直後も約3〜5分、歯ブラシに、米粒大ぐらいの少量の歯磨き剤をつけて、磨き残しがないように鏡を見ながら1本ずつていねいに、歯ぐきに対してソフトなかげんで磨きましょう。

ここで重要なのは、歯ブラシで物理的にきれいに磨くことです。よく泡立つ合成界面活性剤入りの歯磨き剤を使うと、だ液を過剰に洗い流し、口腔粘膜を荒らすことになりかねないので避けてください」と江上医師。

■食後は歯間の食べ残しを取り除くだけでOK

食後すぐは、歯のケアはしなくていいのでしょうか。

「歯の間や歯ぐきの間につまった食べかすを、つまようじや歯間ブラシで取り除きましょう。その後、水を口に含み、かき出した食べかすや歯ぐきと頬(ほお)の間につまったものを流します。だ液を洗い流し過ぎないように注意しましょう。

食べ物がよく歯につまる場合は、食後に水と歯ブラシだけで歯磨きをしましょう。ただし、食べ物に含まれる酸も歯の表面を溶かすので、すっぱいものを食べた後は、水で口をよくすすぐか、分泌されただ液で口の中が十分に中和するのを待ってから、歯磨きをしましょう。

また、アルコールや合成界面活性剤を含む洗口液を使うことも避けてください。口の中がさっぱりしたように思いますが、それは感覚だけであり、実際にはだ液を除去しているからです」と江上医師。

■まとめ

かつて、よく言われてきた食後すぐのタイミングこそ、だ液が盛んに分泌する時間であり、歯磨きをしてはいけない時間だったのです。歯磨きの目的は、むし歯菌を増殖させないこと、また増えたむし歯菌を取り除くためであり、それには、寝る直前と起床直後に磨くことが有効だとわかりました。今日からすぐに実践したいものです。

(海野愛子/ユンブル)

取材協力・監修:江上一郎氏。歯学博士。専門は口腔(こうくう)衛生。歯科・歯科口腔外科・口臭治療の江上歯科院長。
江上歯科 大阪市北区中津3-6-6
http://www.egami.ne.jp/

お役立ち情報[PR]