お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム カップル

【妖怪女ウォッチ】File03: 恋愛相談マニア女子

ぱぷりこ

「自分は普通の常識人」それは認知の歪みです! 私も妖怪、あなたも妖怪、みんな妖怪。分析妖怪ぱぷりこが、恋するアラサー女子の中に潜む「妖怪女」の特徴、思考回路、進化予想、お祓い方法を解説します。楽しくウォッチして、必要ならば供養しましょう。

今回ピックアップする女は、「いるいる~!」と思い当たる方も多いかもしれません。ちょっとウザい迷惑な妖怪の登場です。

■「恋愛相談マニア女子」基本スペック

●分類群

恋愛脳目 耳なし芳一科

●特技

恋愛相談、お説教スルー、占いクルーズ

●生息地

女性の多い職場、中小企業の一般職。専門職には少ない。

●生息地における遭遇率

10~20%

●危険度

★★★☆☆

●特性

・女子校出身者が多い
・物事を深く考えるのが苦手
・こだわりの趣味がない
・月に2度以上の女子会をする
・LINEで毎日、友だちと恋愛話をするのが日課
・占いを渡り歩く「占いクルーズ」をする
・親しい女友達はいるが、年々少なくなっていく
・恋愛ポエム専用の鍵アカ・サブアカを持っている
・正式な彼氏はいないが、彼氏っぽい人はいる。あるいは片思いを何年も続けている
・自己判断は「恋愛体質」、だがまわりの評価は「恋愛下手」

■詳しい生態

恋愛相談マニア女子はその名のとおり、誰彼構わずに恋愛相談をする女子のことです。女友達はもちろんのこと、会社の飲みでもパーティーでも、とにかく少しでも話を聞いてくれそうなそぶりを見せる人にはすぐに恋愛相談を持ちかけます。重度になると、合コンで出会った男性に恋愛相談を持ちかけることすらあります。

彼女たちが持ちかける恋愛相談の9割がたは、不毛な恋愛です。恋愛の中身は、数年レベルの片思い、友だち以上恋人未満、セフレのいずれか。「両思い」「付き合う」前のレベルで数年間、足踏みをしていることがほとんどです。

彼女たちが恋している男性は、彼女ありのモテ男、彼女はいないが誰とも付き合う気がないモテ男、彼女っぽい扱いをしてくれるし体の関係もあるけどグレーなモテ男が多いです。一言で言ってしまえば「彼女ポジションを狙うには脈なしの男」。ですが恋愛相談マニア女子は、成功率という言葉を知らない時代の人ごとく、とにかく数年単位で脈なしの恋愛に執着します。

不毛な恋愛についての相談内容は、具体的なエピソードはあるものの2人の仲が進展していることはほとんどありません。しかし彼女たちにとっては小さいイベントひとつひとつが一大事。なので、あたかも2人の関係に激震が走ったかのごとく語り出します。具体的な内容は「LINEを既読スルーされた」「デートの途中で帰られた」「夜中1時に呼び出されたから家に行ったらやることやってすぐ追い出された」など精神の不毛地帯レベルのものから、「今週は3回も目が合った」「LINEの即レスが半年前より増えてきた」といった小学生レベルのものまでさまざま。

これだけだったらただの「恋愛下手女子」なのですが、恋愛相談マニア女子を恋愛相談マニアたらしめる特徴が2つあります。1.とにかく誰にでも恋愛相談をするところ、2.それだけ相談しているにもかかわらず恋愛の進展がさっぱりないところです。

彼女たちは、とにかく誰にでもすぐに恋愛相談を持ちかけます。友人はもちろんのこと、初対面の人にすら関係なく恋愛相談をし出します。オンラインでは恋愛アカウント・恋愛相談コーナーに同じ質問をコピペ爆撃し、Twitterでメンションを飛ばして質問し、オンラインオフラインの占いを数十件はしごは当たり前。

なぜこんなに大量に相談して答えを求めるのか? さまざまな立場の人から意見を聞いて客観的に判断したいか? ノン! 彼女たちが相談しまくるのは「その恋はうまくいくよ。こうすれば一発だよ」という、自分が欲しいわかりやすい答えをもらいたいからです。

ですがこれまで見てきたとおり、彼女たちが執着する恋愛のほとんどは不毛で、成功率が低いです。そのため、まっとうで現実的な人ほど「こういう理由で無理だと思うから、別の人にしなさい」とアドバイスするのですが、彼女たちが欲しいのは「その恋愛はハッピーエンドだよ」という答え“だけ”。なので、「相談したけどちがった」と思い、次へ次へと自分が欲しい答えを探し回ります。

つまり恋愛相談マニア女子は、「自分が信じる理想のハッピーエンドを他人の口から聞きたい」だけ。人に相談しておきながら、相手の話などまるで聞いていないのです。会話したいのは、自分が欲しい答えだけを言ってくれる“マイ卑弥呼”だけ。

そのため、いろいろな人から言われるアドバイスは何ひとつ実践しません。当然のことながら、恋愛もいい方向には進展しません。よって彼女たちは「数年単位で不毛な恋愛に執着し、いつも同じことを言っている」状態になるのです。

■見つけ方

どんな女子会にもすぐ現れるので、女子会に行けば簡単に見つけられます。女子会以外でも、バーなどに行けば、隣の初対面のおじさんやバーテンダーに恋愛話をぶつけている姿を目撃することができます。

恋愛相談マニア女子は一見すると、恋愛に悩む一般女性と区別がつきませんが、見分けるポイントは「他人との距離感のなさ」「人の話の聞かなさ」です。

彼女たちは「自分の欲しい答えをくれる人」を求めているため、相手との心理的な距離などまったく気にせずにいきなり自分語りをし始めます。これは初対面でもすぐに見分けられるポイントです。

「人の話の聞かなさ」は、短期的・長期的という2つの視点で見分けることが可能です。短期的に見分けるポイントは、彼女たちが欲しくなさそうだけど現実的な答え(「いや、彼は別に女性がいるよ」「別れなよ」など)を言った時に、「でも」「だって」と言うかどうか。「でも」「だって」は人の話を聞かない人が多用する2大ワードなので、すぐに判別が可能です。

ただし恋愛相談マニア女子の中には、その場では「そうだね~もうこんな恋愛をやめなくちゃ」と表向きは同意しながらもまったく改善しない、という女子もいます。その場合は、「やめる」と言っておきながら次に会った時にやめていない、同じことを繰り返している、という状況判断により、「あ、この子は人の話を聞いていない」と判断することが可能です。

また、まわりの人間の入れ替わりにも注目しましょう。まっとうな人間ほど、人の話を聞かずに同じ話ばかりを繰り返す彼女たちにあきれ、「時間の無駄だ」と思って去ります。べったりと依存していた女友達が入れ替わっていたら、恋愛相談マニア女子である可能性が高いです。

■妖怪化を防ぐ方法

恋愛相談マニア女子は、若いうちはかわいいものですが、年を取れば取るほど危険性が増してきます。理由は2つ。

まず、適切なアドバイスをくれるまっとうな人間がまわりから消えること。人の話を聞かずにいると「この人には何を言ってもムダ。時間のムダ」と切り捨てられることがどんどん増えてきます。結果としてまわりに残るのは、心地いいけれど自分の幸せには何も結びつかないことを言う無責任な人、人の話を聞かない人、都合のいい答えを差し出して見返りに体や金銭などを搾取しようとする詐欺師だけ。自分の幸せを考えて厳しいことを言ってくれる友人は人生の宝ですが、恋愛相談マニア女子は多くの場合、この貴重な人生の宝を失います。

もう1つは、不毛な恋愛に執着して何ひとつ状況が改善しないまま、あっという間にアラサー、30代、アラフォーへと未婚のまま突入することです。しかも恋愛相談マニア女子に限ってガチで結婚願望が強いことが多いため、年を取れば取るほど「私が聞きたいハッピーエンドを誰か言って!」と誰かれ構わずに爆撃し、うざがられて相手にされなくなり、インターネットと占いに没頭して心を病んでいくことになります。

予防方法はシンプルです。「自分にとって耳が痛いことでもきちんと聞いて逃げない」「言われたアドバイスを実践してみる」の2点です。自分が聞きたくないこと、都合の悪いことからすぐに逃げることが、恋愛相談マニア女子となる元凶です。なので、すぐに逃げる癖をやめましょう。そうでないと、アラサーアラフォーになった時、高確率で金銭的・精神的な詐欺に遭うでしょう。恋愛相談マニア女子の「私が欲しいスイートな答えだけをちょうだい! ほかの苦いものはいらない!」という必死な姿は、悪い人から見ればカモネギそのものです。

もし、そのようなことになりたくないなら、なるべく早く、自分にとって不都合な言葉と現実に目を向けることしかありません。

(文:ぱぷりこ イラスト:ほそえあみ/OFFICE-SANGA)

★次回は5月26日(木)逢魔時※17時に更新予定です。お楽しみに!

バックナンバーはこちら

お役立ち情報[PR]