お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

肌が強かったら「人生もっと楽しめたはず……!」と思う理由6つ

ファナティック

生まれつき肌が敏感だったりアレルギーがある人は、なんだか損しているような気分になることもありそう。肌が弱いと新しく買ったメイク用品もかぶれてしまったり、使ってみたい化粧水が合わなかったり、いろいろなトラブルを起こしてしまいます。そこで今回は、自分の肌は荒れやすいと感じている女性のみなさんに、こんな質問をしてみました。

Q.肌がもっと強かったら、「人生もっと楽しめたはず……!」と思うことはありますか? 考えに近いほうをお選びください。

ある……75.0%
ない……25.0%

「ある」と回答した人は7割以上でした。ではどのような場面でそう思うのか、それぞれを選んだ理由を詳しく聞いてみましょう。

<「ある」と回答した人の意見>

■もっとメイクを楽しめたはず!

・「もっと積極的にいろいろなメイクに挑戦できるだろうから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「もっと化粧ノリがよければ化粧でかわいくなれるのにと思う」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「メイクが好きなので、毎日思いっきり楽しみたいし、新商品も気軽に試せるから」(29歳/生保・損保/専門職)

多かったのは「いろいろなメイクに挑戦できそうだから」という意見でした。肌が弱い人は、「荒れないかな? 大丈夫かな?」と挑戦するのにも勇気がいることも。でも肌が丈夫だったら、そんな心配もなくメイクを楽しめますもんね。

■もっといろんなことに自信を持てたはず!

・「肌荒れがコンプレックスで、暗い表情をしていた時期があったから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ニキビを繰り返して、自信をなくし恋愛に消極的になってしまった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「学生時代にニキビがすごくて消極的な性格だったから、肌がキレイだったら絶対に人生ちがったと思う」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

肌トラブルが続くと、どうしても表情も暗くなってしまいがち。顔を見せたくなくて人に会うのが億劫になってしまったり、外出時も下を向いて歩いてしまうのがクセに……なんてこともありそう。もし肌トラブルのないキレイな肌だったら、「もっといろんなことに積極的になれたかもしれない」と思ってしまうこと、あるのでは?

<「ない」と回答した人の意見>

■肌荒れと人生は関係ない

・「楽天的なので」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「肌荒れは関係ないと思うので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

少数派だった「思わない」を選んだ人からは「肌荒れは人生と関係ない」という意見がありました。肌荒れしやすくても人生を楽しんでいる人もいるようです。ポジティブに考えるのも大事かもしれませんね。

<まとめ>

肌荒れしやすいと感じている人に「肌がもっと強かったら、人生もっと楽しめたはず……!」と思うかどうかについて聞いてみたら、7割以上の人が「思う」と回答する結果となりました。外見面はもちろん、肌がキレイだとそれだけで自分に自信を持つことができそう、と、肌の丈夫さは内面にも影響すると感じている女性は多いみたい。生まれ持っての肌質を変えることは難しいですが、ネガティブになりすぎず今の自分の肌を受け止めて、少しでも理想の肌の状態をキープできるようにケアに力を入れて、毎日笑顔で過ごしていきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日〜18日
調査人数:101人(22歳〜34歳の働く女性)

★敏感肌女子の強い味方! お助けコスメをチェック

肌をレスキュー! ゆらぎがちな肌を助けるビューティアイテム3選

お役立ち情報[PR]