お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

非常事態宣言! 急な肌荒れ時の「レスキューケア」4選

ファナティック

普段からスキンケアには気を使っているのに、突然ニキビや吹き出物ができたり、肌が乾燥してガサガサになってしまうと慌ててしまいますよね。そこで今回は、急に肌荒れをしてしまったときの「肌のレスキューケア」について、女性のみなさんに教えてもらいました。

■ノーメイクデーを作る

・「ノーメイクの日を作る」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「しばらくまったく化粧をせずに過ごし、肌を休める」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「ゆっくりお風呂につかって、たっぷり睡眠を取り、ノーメイクデーを作る」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

肌が荒れているときに無理やりメイクをすると、ノリも悪いし肌の調子も悪化してしまいます。平日は無理でも、予定のない休日などに「ノーメイクデー」を作ると、肌荒れも落ち着きそうですね。

■保湿ケアを意識する

・「お風呂で顔にオイルを塗ってパックをするとすごくうるおう」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「お手製のシートパック。水分を足してやると肌が心なしかふっくらしてくれます」(29歳/生保・損保/専門職)

・「蒸しタオルで温めてからオイルマッサージ、保湿パックまでの集中ケアを行います」(23歳/その他/秘書・アシスタント職)

オイルパックやシートパックなどで、肌の保水力を高めるケアも効果がありそうです。お風呂に入っているときにやれば、手軽で時間の短縮にもつながります。マッサージも血行がよくなるのでよさそうですね。

■このアイテムを頼りにしてます!

・「ちょっと高いけどオイルを使って、スキンケアの浸透力アップを図る」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ニベア。昔から販売しているロングセラーだけあって、1週間も続けると肌荒れがなくなる。すごく頼りになります」(31歳/情報・IT/営業職)

効果には個人差がありますが、困ったときに頼れるアイテムを見つけておくと、突然の肌荒れにも対処できるので安心ですね。

■皮膚科に駆け込む

・「とりあえず皮膚科に駆け込む」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「皮膚科で抗生物質をもらう、最終手段です」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「皮膚科に行くこと。肌が荒れて何をしてもだめだったときに皮膚科の薬を塗ったら2日で治った」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「肌荒れくらいで皮膚科に行くのはちょっと……」と思う人もいるかもしれませんが、肌のことは肌の専門家にみてもらうのが一番確実ですよね。時間をつくって、駆け込むのもありかも!

■まとめ

突然肌荒れしてしまったときの「肌のレスキューケア」について、いろいろな方法が寄せられました。突然の肌荒れでも、これらの方法を知っていれば慌てることもなくなりそうです。肌荒れに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日〜18日
調査人数:101人(22歳〜34歳の働く女性)

★突然肌が荒れても大丈夫! お助けコスメをチェック

肌をレスキュー! ゆらぎがちな肌を助けるビューティアイテム3選

お役立ち情報[PR]