お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 快適地肌習慣のすすめ

栄養不足は抜け毛、切れ毛のもと! 管理栄養士に聞く、美髪をつくる食べ物とは

ユンブル

サラサラの手触り、コシのある髪をキープするには、トリートメントなどの製剤によるケアだけではなく、食事で栄養素を補って体の中からの健康に気を配る必要があると聞きます。美髪を手に入れるためには何をどう食べればいいのでしょうか。管理栄養士の西山和子さんに詳しいお話を聞きました。

■髪の主成分の「タンパク質不足」がダメージヘアの原因に

髪の健康と食事内容の関係について、西山さんは次のように説明します。

「髪の主成分は、皮ふやツメ、筋肉、内臓などと同じ『タンパク質』です。タンパク質はヒトが生きるために必要な三大栄養素の一つで、肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。

外食ばかりで栄養バランスが偏っている、極端なダイエットなどでタンパク質が不足すると、髪をつくる成分が不足して細くコシがない髪になる、パサパサと乾燥が目立つ、抜け毛や切れ毛が増えるといったことがあります」

■頭皮に栄養を与えて地肌を健康に

さらに、「髪そのものは栄養を吸収しないので、一度ダメージを受けると再生できません」と西山さん。

では、どのように髪に栄養素を与えればいいのでしょうか。

「まず、美髪づくりのためには、髪を支える頭皮 の健康に注目する必要があります。発毛や育毛に必要な栄養は、頭皮の毛細血管から血液を通して毛根に届きます。ですから、頭皮の状態が悪くなると、毛根に十分な栄養が運ばれずに抜け毛や切れ毛のダメージヘアにつながります」(西山さん)

頭皮、いわゆる「地肌」 の健康を考えて実践することが重要だということです。

みんなが読んでる人気記事 快適地肌習慣のすすめ