お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

睡眠医学のドクターに聞く。新常識! 「肌のゴールデンタイム」の本当の時間帯とは?

ユンブル

睡眠不足の翌朝は、必ずと言っていいほど化粧ノリが悪いことに気付きます。よく、「肌のゴールデンタイムは22時~翌2時。この時間に眠るのが美肌づくりの基本」と言われますが、それは医学的に正しいのでしょうか。また、睡眠と肌はどのような関係にあるのでしょうか。大阪市立大学医学部特任教授で東京疲労・睡眠クリニックの梶本修身(かじもと・おさみ)院長に詳しいお話を聞いてみました。

■何時に寝ても、睡眠開始から3時間の熟睡が重要

まず、肌の状態と睡眠はどういう関係にあるのでしょうか。梶本医師は次のように説明します。

「深く眠っているときには、大脳の下にある脳下垂体(のうかすいたい)という器官から『成長ホルモン』が分泌されるのですが、これが皮ふはもちろん、体の各組織の細胞の新陳代謝を促します。ですから、睡眠の質は皮ふの状態に直接的に影響を与えると言えます」

肌のゴールデンタイムとは、その成長ホルモンが分泌される時間帯のことを言うのでしょうか。

「そうです。眠りのメカニズムを知っておくと理解しやすいのですが、睡眠中、体は眠っているのに脳が動いている浅い眠りの『レム睡眠』と、脳も体も休んでいる深い眠りの『ノンレム睡眠』と呼ぶ状態を交互に繰り返します。その周期は、約90分です。

ヒトがもっとも深く眠るのは、眠りについてからおよそ1時間たったころです。最初のノンレム睡眠にあたりますが、このときに次のレム睡眠にスムーズに移行することで、起床までのリズムを整えてよい睡眠をもたらします。この寝入りばなの2サイクル分の約3時間に、成長ホルモンがもっともたくさん分泌されるのです。

これまでは、22時ごろに眠りにつくと、だいたい翌2時までに2サイクルが訪れるため、その時間帯を肌のゴールデンタイムと呼んできたのだと思います。しかしながら、実のところ、医学的に時間を特定する根拠はなく、早く寝ましょうと感覚的に言い伝えられてきたのではないでしょうか。

『何時に寝たとしても、入眠から3時間の間に熟睡することが重要』であるわけです」と梶本医師。

仕事でもアフターでも忙しい女性にとっては、22時に就寝というのは現実的ではありません。これは朗報と言えるでしょう。

■睡眠の質が悪いと、肌の「ターンオーバー」の周期が乱れる

成長ホルモンが体の新陳代謝を促すということですが、健康な肌を保つためのメカニズムについて、梶本医師はこう説明を続けます。

「皮ふの細胞は、下部の層から生まれ変わります。それが表皮となり、やがて角質化してはがれ落ちる新陳代謝を繰り返しています。これを『ターンオーバー』と呼んでいますが、健康な状態では、約28日の周期で行われます。

これが、睡眠時間が短い、寝付きが悪い、途中で目が覚める、逆に10時間以上だらだら眠るなどで睡眠の状態がよくないと、ターンオーバーの周期が乱れると考えられます。すると、角質がはがれ落ちにくくなって、皮ふの再生が滞ることがあります」

また、睡眠と疲労の関係に詳しい梶本医師は、次のアドバイスを加えます。

「皮ふがガサガサする、乾燥する、くすんでいるなどのトラブルは、睡眠の質がよくない、また、ストレスや疲労が溜まっているサインだとも言えます。

顔や体の皮ふは目に付きやすいので、普段より状態が悪ければ気付きやすいはずです。そんなときこそ、内臓も疲れていると察して、化粧品によるケアだけですませずに休息をとるようにしましょう。皮ふの再生力は、睡眠の質と疲労回復が重要なポイントになります」

■まとめ

「ターンオーバーが1日のうちでもっとも活発なのは、寝付いてからの3時間」であることから、この時間帯こそが肌のゴールデンダイムだということです。皮ふ再生にまつわる新常識、ぜひ美肌づくりの参考にしてください。

(品川緑/ユンブル)

取材協力・監修:梶本修身氏。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。医学博士。国家プロジェクトとして疲労対策の研究を続ける。著書に『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)、『「体の疲れ」が消える本』(成美文庫)ほか。『林修の今でしょ講座』『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日)、『世界一受けたい授業』(日本テレビ)ほかメディアに多数出演、睡眠と疲労に関する新常識の提案、わかりやすい解説で知られる。

お役立ち情報[PR]