お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

そうだったのか……! 美人が絶対「やらない」こと4つ

ファナティック

美人になるための方法はたくさんありますよね。でももっと簡単な方法として、ついやっている悪習慣を正すことで美人になれる気がします。美人が絶対「やらない」と思うことには何がありますか? 女性のみなさんに聞きました。

■体に悪いものを食べない!

・「スナック菓子やスイーツを食べない。美しい人は間食を極力しないと思うから」(29歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

・「夜遅くのカップラーメン。なんか、雑な感じ」(34歳/情報・IT/技術職)

・「ポテチにコーラ。ステキな食生活を送っていそう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

お菓子やインスタント食品には、塩分・糖分・脂肪などがたっぷり。味をよくするために入っているので、おいしいけれど健康にはよくないですよね。美人に限って避けていそうな食品です。

■うつむかない!

・「猫背にならない。自信があるから」(32歳/その他/その他)

・「下を向いて歩いていない。堂々としていなさそうだから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「下を向かない。自信のある人は下を向いていないから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

美人にはなぜか優秀なイメージがついてきますよね。キレイな人には、自信のありそうな立ち振る舞いをしている人が多いのでは? 下を向くと途端に弱気に見えますから、前を向いて歩いてみると気持ちも前向きになれそうですね。

■不機嫌にならない!

・「機嫌が悪くならない。いつも笑顔で楽しそう」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「顔で態度を変えたりしない。かわいくない人には辛辣、とか。全員に対して上から目線かみんなに優しいかのどちらかだと思うから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「オドオドしないこと。美人は毅然としているものだと思うから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

自分勝手に怒ったり泣いたりしている顔は美しくないですよね。穏やかな様子でいれば、不思議と品格のようなものが備わるかもしれません。美人になりきって行動してみると◎。

■髪の手入れを怠らない!

・「髪の毛をボサボサにしない。美人は髪の毛にも気を遣っている」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「髪の毛に手入れがされている。いつもツヤツヤでキレイだから」(27歳/自動車関連/その他)

・「髪の毛が汚い人。髪の毛の手入れを怠っていないと思うから」(27歳/情報・IT/営業職)

大人になるとカラーリングやパーマで髪が傷む人が多いです。それをつい放っておいてしまうと、見た目的には大きなマイナスですよね。髪をキレイに整えるだけでも印象が変えられるようですよ。

■まとめ

美人といえば生まれつき顔立ちの整った人のことだと思うと、努力しづらいですよね。でも、生活習慣や行動などは見て学べます。美人がうらやましい! と思ったときには、自分の中にある不美人の習慣を取り除くことから始めてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数136件。22〜34歳の女性)

お役立ち情報[PR]