お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

デリケートゾーン、毎日お風呂で洗ってる? 働く女子の実態とは……

ファナティック

その名前の通り、デリケートゾーンはお肌が敏感でかぶれやすくケアが難しい部分。洗いすぎると問題がありそうで、かといって洗わないと不潔になりそうで心配に……。この部分の正しいケア方法とはどんな方法? 働く女性に聞いてみました。

Q.あなたは、デリケートゾーンをお風呂で毎日洗っていますか?

はい……91%
いいえ……9%

お風呂でデリケートゾーンをきちんと洗っている女性は、なんと9割以上。やはりこの部分はお肌に負担をかけないようにしながら、毎日きちんとキレイにするのが正解なのでしょうか。ケアで気をつけていることなどを含め、それぞれの意見を聞いてみましょう。

<「洗っている」と回答した人の意見>

■ニオイ対策のために

・「ニオイが気になるので、専用の石鹸を使っています」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「毎日ちゃんと洗わないとニオイがしそうなので」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「最近ニオイが気になることが多く、ていねいに洗うようにしている」(34歳/医療・福祉/専門職)

デリケートゾーンを放置していると、汚れがたまりニオイが気になってくることが……。特に湿気のたまりやすいこれからの季節は、デリケートゾーンのニオイが気になりやすいですよね。ニオイのことを考えるとやはり毎日キレイに洗っておきたい?

■放置しているとかぶれやすくなるから

・「毎回ウォシュレットをしていてもきれいになっていないと思うし、不衛生にしておくとかぶれたりしそう」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「清潔にしないとかぶれたり湿疹が出たりするから」(34歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「かゆくなったときは、さっぱりしたくなるので専用のソープで洗っている」(29歳/情報・IT/技術職)

またこの部分を放置していると、かぶれたり、かゆみが出たりすることも。生理中は一日中ナプキンを使用しているため、余計に湿気がたまりやすく蒸れやすいですよね。できるだけ気持ちよく過ごすためにも、デリケートゾーンを清潔に保つことは大事かもしれません。

■洗いすぎの心配はこれで回避!

・「洗いすぎないようにお湯で軽く流すようにしている。洗いすぎるとかぶれると聞いたことがあるので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

デリケートゾーンは肌が薄いため、洗うのが大事と言ってもやりすぎはやはり厳禁ですよね。特に気をつけたいのがごしごし洗い。肌にやさしいせっけんを選んだり、お湯で軽く洗い流したりするなど、ケアの仕方には工夫も必要なようです。

<「洗わない」と回答した人の意見>

■洗わなくても問題ない?

・「あまり洗いすぎると余計に雑菌が入りやすくなると聞いたことがある」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「軽くで問題ないから」(28歳/商社・卸/技術職)

また数は少なかったものの、ケア方法として「洗わない」を選択している女性も。汗汚れなどの心配はありますが、デリケートな部分だけに、過度なケアによって傷ついてしまう心配もあるのがこの部分。自分の体質に合ったケアを心がけるのも大事かもしれません。

<まとめ>

毎日のケアと同様に、体形に合った下着を選んだりお肌に負担の少ない生理用品を選んだりして、デリケートゾーンの不快感を回避するのも重要。生理中は特に蒸れやすくかゆみ・かぶれに悩まされやすいため、ぜひ自分に合ったケア方法を見つけてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
調査日時:2016年4月13日~2016年4月22日
調査人数:155人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]