お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

「大きな病院」と「個人病院」、女性が普段から受診しているのは?

ファナティック

設備や医師の人数だけでなく、さまざまな面でちがいのある大きな病院と個人クリニック。みなさんが病気のときに行くのはどちらですか? 選択肢となる病院がいくつかあれば、病院選びで重視するポイントによって、どちらを選ぶのか変わってきそうですね。今回は、女性たちが普段から受診している病院のタイプについて聞いてみました。

Q.大きな病院と個人病院、あなたが普段から受診しているのはどちらですか?

「大きな病院」……16.5%
「個人病院」……83.5%

大きな病院に普段から通っているという女性は2割弱。では、大きな病院を選んだ理由について聞いてみましょう。

<「大きな病院」と回答した女性の意見>

■安心感がある

・「色んな科の先生が居るほうが安心できる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「個人のクリニックはどこがいいかわからないから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「大きなところのほうが検索でわかりやすいから」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

大きなところはネットでも探しやすいけれど個人クリニックはどうやって探せばよいのかわからないという人も。自分に合う病院かどうかわからずに行くのは心配なようです。どんな病気にも対応できる大きな病院をかかりつけにしておくと、1カ所ですべての治療が終わるというのもメリットですね。

では、個人クリニックに行くという女性にも理由を聞いてみましょう。

<「個人病院」と回答した女性の意見>

■待ち時間が短い

・「大きいところはすごく待たされるし入りにくい。初診料が別途取られるところもあるので」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「体調が悪いのに何時間も待たされるのは絶対に嫌だから。よほどの重病でなければどちらも処置はそれほど変わらないと思うので」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「大きな病院に行くには紹介状が要るし、時間の制約もあって大変だから」(32歳/生保・損保/営業職)

午前中に受け付けを済ませても支払いのころには午後遅くになっているような病院よりも、待ち時間の短い個人クリニックのほうが体調不良のときにはラクだという女性も。忙しい女性にとっては、希望通りの日時で予約をしやすく、診察までの時間も短い個人クリニックの方が利便性が高いということのようです。

■親身になってくれそう

・「大きな病院よりもひとりひとりに親身になってくれる医者が多い」(28歳/アパレル・繊維/営業職)

・「何となくひとりひとりにていねいに対応してくれるイメージがあるから」(25歳/建設・土木/営業職)

・「アットホーム」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

大きな病院はすべてが流れ作業のようで患者の身になって考えてくれなさそうというイメージを持っている人もいるようです。個人病院だと患者数も少ないので、診察にも時間をかけてくれて、患者ひとりひとりの様子を細かく見てくれるから体が弱っているときにも安心ということですね。

■まとめ

大きな病院、個人病院のどちらにもメリットとデメリットがあるもの。自分が何を優先するのかをしっかり考えてから選ぶのが大事なようですね。こうした選び方以外に、特別な治療が必要ない病気は個人病院、重篤な病気の可能性も考えられるときは大きな病院という使い分けをするのもよさそう。それぞれのメリットとデメリットをきちんと理解しておくことも、自分に合った病院選びには必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月15日~3月29日
調査人数:164人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]