お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

不幸がうつりそう……ネガティブオーラが出ている女性の特徴4つ

ファナティック

そばにいるだけで自分まで気分が落ち込んでしまいそうなネガティブオーラ全開の女性。何かツラいことがあったのかもしれないけれど、まわりの人まで巻き込むような暗い雰囲気を醸し出す女性には、できれば近寄りたくないものですよね。今回は、女性たちが思うネガティブオーラが出ている女性の特徴について聞いてみました。

■姿勢が悪く表情が暗い

・「猫背で目に生気がなく、ダラダラと歩いている」(22歳/不動産/専門職)

・「表情や言動が生き生きしていないこと」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「表情が暗い人はネガティブそうな印象を受ける」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

表情が暗くて生き生きとした感じに見えない、肩が丸まって卑屈な感じに見えてしまう。ネガティブなオーラは、表情や姿勢にもはっきりと表れるようです。確かに、明るい気持ちでいるときには自然に笑顔が出てくるし、胸を張って堂々としていられるものですものね。

■被害妄想が激しい

・「悲観的な考えしかできない」(23歳/その他/その他)

・「常に自分は不幸だと思いこんでいるタイプ」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「被害妄想が激しい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「何でも後ろ向きな考えで、自己主張がなく、おとなしい」(30歳/情報・IT/その他)

いつも自分だけが不幸のどん底にいると思い込んでいるのもネガティブオーラを出している女性の特徴。他の人に比べて、私は何て不幸なんだろうと悲劇のヒロインになりきることで満足しているのかもしれませんが、それに巻き込まれるほうはちょっと迷惑ですよね。

■悪口や不平不満ばかり言う

・「人の悪口ばかり、ネチネチ言う人。側にいるだけで疲れる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「愚痴ばかり言ったり、下ばかり見て歩いてる人」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「何事も不平を言わないと気がすまないタチでいつも文句を言っている」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

人の悪口や周囲に対する不満ばかりを口にしている女性は、自分だけでなくまわりの人まで疲れさせるほどのオーラを放っているようです。ストレスを発散するための愚痴もずっと言い続けていると嫌な気持ちを大きくするだけ。一通りぶちまけたら気持ちを切り替えることも大事ですよね。

■否定的な言葉が多い

・「『でも』など否定の言葉が口癖になっている」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『でも』とよく言う。人からのアドバイスに対して否定的な発言が多い」(30歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「自分なんて……ってのが口癖」(28歳/金融・証券/営業職)

自分のことを認められない女性は、人からアドバイスをもらっても否定的な言葉ばかりを繰り返してどんどん悲観的に。相談を持ち掛けてくるのに、最初から自分には無理と決めつけているような人だと話していても無駄という気分になりそう。「そんなことないよ」という言葉がほしいのかもしれませんが、励ますのも疲れますよね。

■まとめ

ネガティブオーラを放っている女性は、表情も暗くて発言も後ろ向き。見ているだけ、話しているだけでもどんよりした気分になってしまいそうですね。誰にでも落ち込むときはあるでしょうが、それを引きずったりまわりを巻き込んだりしないことが大事。自分で自分を不幸にするような言動は時間の無駄と気持ちを切り替えていかないと、まわりの人からも見放されてしまいそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数150件。22~34歳の女性)

★ハッピーオーラでキレイに!
恋を呼ぶ! 「開運ビューティ」診断 

お役立ち情報[PR]