お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

太るのもアリなの!? 愛され「ぷにぷにボディ」のためのボディケア4選

ファナティック

愛されボディを作るには、鍛えるだけじゃなくほどよい「ぷにぷに」感も大事ですよね。彼が夢中になってしまうような「ぷにぷにボディ」を作るには、どんなことに気をつければいいのでしょうか? 働く女性のみなさんに、「ぷにぷにボディをつくるためのボディケア」について聞いてみました。

■ぷにぷにボディを作るケア用品はこれ!

・「お風呂上がりの『ボディ用化粧水』&『ニベア』。すごくモチモチフワフワになります♪」(31歳/情報・IT/営業職)

・「ボディオイルとボディクリームをたっぷりと塗ります」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ボディバターを塗る」(34歳/医療・福祉/専門職)

ぷにぷにボディを作るには、お風呂上がりの肌に、クリームやオイル、ボディバターでしっかり保湿することで、もっちり感のある肌へと導きます。

■マッサージで血行をアップ!

・「アロママッサージをお風呂でしています」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ちょっと高めのオイルを使って、日々マッサージ」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ボディクリームを塗ってマッサージするようにしている」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ぷにぷにボディを作るのに大切なのが「肌質」。ぷるんとしたもち肌をキープするには、血行をよくして、カラダをイキイキしていくことも大切。むくみやすい人は、ぜひマッサージを日々の習慣にするとよさそう!

■やさしく、汚れをしっかり落とす

・「モコモコの泡でとにかくやさしく洗うこと」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「保湿性のあるせっけんを使う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

またぷにぷにボディを作る「もち肌づくり」に、欠かせないカラダを洗うアイテム。しっかり泡立てて肌当たりをよくするとぷにぷにボディをキープしやすいとか。また保湿性のあるせっけんなら、より安心ですよね。

■ほどよい肉感も大事

・「鍛えすぎないこと。筋肉をつけすぎてしまうと女性らしい体型にならないと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「まずは太るようにたくさん食べている」(26歳/医療・福祉/専門職)

適度なぷにぷに感を出すなら、鍛えすぎないことも大事? 運動することは大切ですが、女性らしい体づくりを目指すなら「適度にすること」も肝心かもしれませんね。彼を虜にするためには、女性の敵である「脂肪」も味方につけたい!

■まとめ

彼から愛されるぷにぷにボディには、日ごろのケアがやっぱり大事なよう。お肌のお手入れとなるとついフェイスケアが中心になってしまいがちですが、簡単なお手入れで済むことも多いため、この機会にぜひ「ぷにぷにボディのためのケア」に力を入れてみてはいかが?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日〜18日
調査人数:104人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]