お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

引きこもりたい! 5月病の経験談4選

ファナティック

春になると、誰もがウキウキした気分で楽しくなってくるものですよね。しかし、GW明けからなぜか気持ちがどんよりしてしまう人もいるものです。そこで今回は女性のみなさんに、5月病の経験談について、お話を聞いてみました。

<5月病の経験談>

■会社に行きたくない

・「会社に行くのが億劫になり、少し出社時間がいつもより遅くなってしまった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「会社に行くと頭痛や腹痛が起こるが、家に帰ってくるとコロッと治っている」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「会社に行くのが憂うつで死にたくなった」(29歳/ソフトウェア/技術職)

理由はないけれど、とにかく会社に行きたくないと思ったら5月病のせいだったということもあるようです。ゴールデンウィークの休み明けにかかることが多いので、休み前に仕事に行くための気持ちを作っておきたいですね。

■仕事をしたくない

・「仕事がだるくて仕方がない」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事が嫌すぎて、会社の更衣室で泣いてしまったこと」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「GW明けから、仕事に精が入らなくなり、営業に出ては家に帰ってゴロゴロしていたときあります。天気がいいので遊びたいけど、みんな仕事してるし、かといって仕事したくない。ネットサーフィンばっかりやってました」(31歳/情報・IT/営業職)

仕事が嫌いなわけではないけれど、どうしても仕事をしたくない気持ちになってしまうと5月病の可能性もあるようです。仕事を休むわけにもいかないので、つらいところですよね。

■やる気が出ない

・「はっきりとはわからないけど、全然やる気が出ない」(35歳/その他/営業職)

・「何もやる気が起きなくなる。なんとなくだるい」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「やる気が起きなくなって、友達付き合いまでも悪くなった」(34歳/電機/秘書・アシスタント職)

5月病になると、とにかくやる気がわいてこなくなることもあるようです。4月になると新しいことがはじまり、最初は張り切るものですが、ひと段落するとガクッとやる気がなくなってしまうようですね。

■何もかも嫌になる

・「すべてが嫌になる。引きこもりたい」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「何もかも嫌になって投げ出してみたくなったことがあります。でも、できなかったですけど」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「嫌で嫌で、5月下旬には、休みたくなる」(27歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

とにかく何もかもが嫌になってしまうのも、5月病の特徴のようですね。春から新しい環境に変わることもあるものですが、まわりになじむために気を使いすぎると、5月病になることがあるようです。

<まとめ>

一般的に5月病は、新入社員やゴールデンウィーク明けの社会人がなりやすいと言われています。新しい環境への変化に対応できず、精神的に病気になってしまうことが多いようですね。あまりがんばりすぎないことが大切かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月1日~2016年4月6日
調査人数:169人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]