お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

ダメ、我慢できないっ! 仕事中、デリケートゾーンがかゆいときにこっそりやること

ファナティック

ただでさえムレやすいデリケートゾーン。下着の締め付けなどでもかゆみが出たりすることがありますが、人前でおおっぴらにかくというのはかなり恥ずかしいですよね。では、もし周囲に大勢の人がいる仕事中にデリケートゾーンがかゆくなったら、どうするのでしょうか。女性たちの対処法を聞いてみました。

■足を組み替えたりもぞもぞする

・「なんとなく足を組み直してみたりしてもぞもぞ動いてみる」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「足を組んだりして何となく刺激する」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

かゆみは我慢できないけれどかけない。そんなときには、足を組み替えてデリケートゾーンを刺激することでごまかそうとする女性も。長く同じ姿勢で座ったまま仕事しているとムレが余計にひどくなることもありそうなので、適度に姿勢を変えるのはかゆみ予防としても効果がありそうですね。

■バレないようにかく

・「バレないようにかく。我慢できないならしょうがないから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ゴミを払うふりをして、かいたり、たたいたりします」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「こっそりバレないしぐさでかく」(32歳/自動車関連/技術職)

耐えられないほどのかゆみを感じたら、恥を承知でこっそりかくしかないという女性も! もちろん、人から見て「デリケートゾーンをかいている」と思われないように、さり気なく洋服のゴミを払うようなしぐさをしたりはするものの、頻繁にやっているとちょっと怪しく思われてしまうかもしれませんね。

■トイレに行く

・「トイレに行ってウォッシュレットで洗う。すっきりするから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「トイレに行ってティッシュでふく。気が散って仕事に集中できないから」(31歳/金融・証券/専門職)

・「トイレでかゆみ止めのクリームを塗る」(30歳/食品・飲料/経営・コンサルタント系)

かゆみがどうしても治まらないときには、トイレに立つのが一番。ウォシュレットでデリケートゾーンを洗ったり、ティッシュで拭いたりするだけでもマシになるはずですよね。ただ、あまり刺激を与えすぎたり、洗い過ぎたりするのもよくないと言われているので、やさしく洗うことが大事ですよ。

<まとめ>

デリケートゾーンにかゆみを感じたことがある女性は少なくないようですが、その原因はいろいろありそう。生理中だとナプキンでムレたりかぶれたりすることもあるので、清潔な状態を保てるようナプキンはこまめに取り換えたいもの。ただし、あまりにもひどいかゆみが続くときには、感染症などの疑いもあるので病院に行った方がいいことも。かき続けるとかゆみが増したり、黒ずみの原因にもなるので、まずはかゆみの原因を突き止めて症状を抑えるといいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月11日~4月15日
調査人数:117人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]