お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

ああ、恥ずかしい……! 女子が「やっちゃってた」痛い恋愛エピソード3選

ファナティック

人を好きになるとまわりのことが見えず、自分の気持ちのまま突っ走ってしまう。あとから考えると我ながらかなり痛いことをしていたと反省してしまうこともありますよね。恋愛が上手くいっていてもそうでなくてもやらかしがちな痛い言動。今回は、女性たちがやってしまった「痛い恋愛エピソード」を集めてみました。

■「好き」アピールをしすぎた

・「好き好きアピールをしまくったとき。傍から見たら痛々しかったと思うから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分のことが好きなら……といろいろ試してめっちゃ嫌われた」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「学生時代にかっこいい男子のファンクラブをみんなで作っていたこと。今、考えれば何をしていたんだろう……と我に返る」(25歳/食品・飲料/専門職)

好きな人に気持ちを伝えられない人もいれば、それをアピールせずにはいられない人も。彼への気持ちをまわりに公表することで、他の女性をけん制することができたりもするので、好きアピールをすることもたまにはよいことがありそうですが、肝心の男性に惹かれないように気をつけることは大事ですね。

■相手に付きまとった

・「振られた後もしつこく相手に付きまとってしまった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「振られたとき、別れたくないと駄々をこねたこと」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「相手のことが気になってSNSを監視」(27歳/電機/その他)

恋をすると相手の行動が気になって仕方ない、離れたくないという気持ちになるのは当然。でも、はっきりと振られたあとも付きまとってしまうと、男性に迷惑がられてしまいますよね。どうせ振られたんだからこれ以上嫌われてもいいとヤケにならず、その気持ちを新しい恋に向ける方が自分のためにはなりそうです。

■長文メールを送りつけた

・「高校生のとき、片思いの相手にメルマガ並みの長文メールを送っていた」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「重い手紙をつづっては送りまくってた」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「連絡が取れないとスタンプを押しまくったりキレたりする」(24歳/金融・証券/営業職)

彼から返信がなくてもメールを送り続けたり、長々とメッセージを送ったり。好きな気持ちを言葉にせずにはいられなくて、ついやってしまいがちな行動ですね。でも、彼には重いと思われてしまいそうだし、メールを返信するのが面倒と思う男性も少なくないので、ほどほどにしておくのがよさそうです。

■まとめ

彼のことが好きでたまらない気持ちからやってしまう痛い行動。相手への気持ちが冷めるまでは、自分がやらかしてしまったことにも気づかないものですよね。ほとんどの場合は、他の人に迷惑をかけることもない言ってみればかわいい行動ですがそれが原因で彼からドン引きされることはありそう。気持ちが盛り上がっているときほど、いったんは冷静になって自分の行動を見なおしてみることも大事かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数120件。22~34歳社会人女性)

お役立ち情報[PR]