お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 快適地肌習慣のすすめ

紫外線はダメージのもと! ヘアケアマイスターが教える、頭皮と髪を守る方法

ユンブル

ヘアケアには気を配っているつもりでも、パサつきや枝毛、切れ毛などを見つけてはため息をついています。「髪や頭皮の紫外線対策はしていますか。髪は肌同様に紫外線のダメージを受けるので、日ごろから対策をする必要があります」と話すのは、ヘアメイクサロン・MINT(ミント・東京都渋谷区)の美容師で、毛髪診断やヘアケアのアドバイスを専門的に行うヘアケアマイスターの磯部幸弘さん。詳しいお話を聞いてみました。

■頭皮のダメージから、乾燥ヘア、抜け毛や薄毛になる

―紫外線予防として、肌や目には日焼け止めクリームやサングラスを使うなどしますが、頭と髪は見落としていました。

磯部さん 頭皮や髪は体の中で最も高い場所にあるので、日光に当たってダメージを受けやすいんです。ただ、頭皮や頭頂部は直接目で見ることができないため、顔や体のように日焼けの症状がわかりにくくて、ケアを忘れがちです。

―はい、ほとんどノーマークでした。紫外線は髪にどのような影響を与えるのでしょうか。

磯部さん 紫外線を大量に浴びると、髪を構成するタンパク質が酸化して、システイン酸というダメージを与える物質が生まれます。

そのために、髪の強度が低下して表面にザラザラ感がある、パサつく、色素やツヤがなくなる、枝毛や切れ毛が現れるなどします。それに、乾燥もひどくなります。

―頭皮はどのような影響を受けるのでしょうか。

磯部さん 紫外線が頭皮に届くと、顔や体と同じように炎症を起こして、血管やリンパの機能が悪くなります。すると、毛根に十分な栄養が行きわたらなくなるんです。さらに、新しい毛髪をつくる細胞もダメージを受けて、抜け毛や薄毛になります。

■長時間紫外線を浴びたときは、頭皮マッサージやブラッシングは避ける

―それでは、具体的にどのような紫外線対策をすればいいのでしょうか。

磯部さん 例年4月ごろから紫外線の量が増えます。まずは、「日光を直接浴びない」ように工夫してください。日陰を歩くのはもちろん、日常的に帽子をかぶる、日傘を使用するなど、顔や体の皮ふを守るのと同じ行動でOKです。帽子や日傘を避けたい場合は、市販の髪用の日焼け止めスプレーを利用してください。紫外線ケアは、ダメージを抑えるだけでなくヘアカラーの退色予防にもつながるので、覚えておいてください。

―長時間紫外線を浴びた場合は、どうお手入れをすればいいでしょうか。

磯部さん 髪は傷んで乾燥しやすい状態になっています。「ダメージヘア用」や「サンケア用」と表記があるシャンプーか、洗浄力のマイルドなアミノ酸系のシャンプーの後に、同じタイプのトリートメントをしてください。

洗髪後はぬれた髪を放置せずに、すぐにタオルドライをしましょう。そのうえで、ドライヤーをする前に洗い流さないトリートメントを塗って、うるおいを補給しましょう。これは、日焼けによるダメージをケアするだけでなく、摩擦やドライヤーの熱でさらに髪が傷むのを防ぎます。

また、頭皮には化粧水をつけてうるおいを補給しましょう。頭皮用の化粧水が市販されていて、髪のケアにも働きかけるのでお勧めできますが、顔用を代用してもいいでしょう。紫外線でダメージを受けた頭皮は特に乾燥しているので、保湿することがケアのポイントになります。

―頭皮に化粧水ですか。どのようにつければいいのでしょうか。

磯部さん 化粧水のボトルを頭頂部に向けて逆さまにし、数滴をたらしてから指先で頭皮全体になじませます。サイドや後頭部の下のほうは、手ぐしで髪をかきわけながらつけてください。頭皮がひんやりする程度の量を目安にします。

頭皮にはミストやスプレータイプの化粧水が使用しやすいですが、髪にたくさんついても、気にする必要はありません。

―その「頭皮化粧水ケア」は忘れないようにしたいです。

磯部さん 顔に塗ったときに、同時に頭皮にも塗るように習慣付けるといいでしょう。

―頭皮と髪のお手入れのときに、注意するべきことはありますか。

磯部さん 肌を日焼けしたときは頭皮も必ず日焼けしていると意識してください。そんな頭皮には、それ以上の刺激を与えないように、ソフトに洗う必要があります。38度くらいのぬるま湯で、ツメを立てずに指の腹を使い、ごしごし洗うことは禁物で、普段よりもやさしく洗いましょう。また、強い頭皮マッサージやブラッシングもひかえてください。

■まとめ

紫外線から髪を守るには、まずは帽子や日傘で日焼け予防をする、次にダメージ用のシャンプー剤とトリートメント、洗い流さないトリートメントでケアする、さらに頭皮・地肌に化粧水を塗るといった具体策が必要とのことです。筆者も実践したところ、朝起きたときのパサパサした感じがおさまり、うるおいがキープできているように思います。ぜひ参考にしてください。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修:磯部幸弘氏。日本ヘアケアマイスター協会認定ヘアケアマイスター。美容師。ヘアメイクサロン「MINT」(ミント・東京都渋谷区)に勤務。
MINT 東京都渋谷区恵比寿南2-5-9 内藤ビル202
http://www.mint-tea.jp/

 

 

みんなが読んでる人気記事 快適地肌習慣のすすめ