お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

興奮を抑えられない! 男子が「俺って肉食系だなぁ」と思った瞬間

ファナティック

ニヤリ近年は肉食系男子が減り、草食系男子が増加傾向にあると言われています。押しは弱いけど優しさはピカイチ(!?)な草食男子も、確かに魅力的ですが……時には「もっとガッツリ来てほしい!」なんて思うことはありませんか? 世の中の男子たちの「肉食」な部分は、本当に絶滅してしまったのでしょうか。男子の皆さんに「俺ってもしかして肉食系かも!?」と思ったエピソードを教えてもらいました。

■弱肉強食!

・「飲み会などで、好みの女性の近くに座ろうと、ほかの男性と駆け引きをすること」(35歳/建設・土木/技術職)

・「すぐ連絡先を聞いてしまうところは、肉食なのかな? と思う」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

女子の世界でも、こんなバトルがありますよね。好みの異性をゲットするためには、男子の社会も厳しいようです。競争相手がいることで、より「肉食系」な一面が強くなる、という作用もあるのかもしれません。

■あっちもこっちも

・「ネットのSNSで、5年間くらいで10人前後の人と実際に仲よくなってお会いして、3人とお付き合いしたことかなと思います」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「合コンで全員持ち帰りたいと思ってしまった」(27歳/農林・水産/技術職)

・「来るもの拒まずなとき」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

さまざまな女性に惹かれてしまうのは、子孫を残すための男子の本能なのでしょうか。女子としては、こんな一面は上手に隠しておいてほしいかも!?

■我慢できません!

・「責められるのはあまり好きじゃなくて、自分が押し通すほうが好きだから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「何が何でもホテルに持ち込みたくなる」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

大人の関係に持ち込むだけに積極的にアプローチするという意見も目立ちました。攻められるよりもやっぱり攻めたい男子たち。こんな欲望を上手にいなすのも、オトナの女子の魅力だと言えるでしょう。

■意中の相手に

・「振られても振られても告白するところ」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「意中の相手には毎日メールして、こまめに情報を仕入れる」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「好きになる相手には積極的にご飯を誘ったりする」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

その他大勢には「草食系」でも、意中の相手だけには「肉食系」で攻める! こんな男子の振る舞いに、「いいなぁ」なんて思ってしまう女子も多いのでは? 自分だけにアツく迫られたら、思わずクラッとしてしまいそうです!

■武勇伝!?

・「経験人数300人超え」(24歳/マスコミ・広告/販売職・サービス系)

肉食系というよりは、もはや雑食系!? 驚愕の武勇伝もありました。肉食系の男らしさに惹かれても、「誰でもいい」と思われるのは避けたいものです。

■まとめ

確かに草食系男子が増えているのかもしれませんが、肉食系男子だって、まだまだ元気! 特に好みの女子が目の前に現れたときには、「肉食系の本能」を開放する方も多いようです。女子として「もっとガツガツ来てほしい!」と願うのであれば、相手の本能を刺激するような工夫も、必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]