お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

これでスッキリ! 女性が「小顔になるために日々実践していること」

ファナティック

キュッと引き締まった小顔は女性のあこがれ。顔の輪郭自体を変えるのは難しいですが、フェイスラインをスッキリさせたりして、小顔に近づけることはできるはず。そこで今回は、女性たちが「小顔になるために日々実践していること」について教えてもらいました。

■リンパの流れをよくする

・「リンパマッサージをする。顔をなでて、リンパを流すようにし、むくみを解消している」(32歳/食品・飲料/専門職)

・「入浴中に首、頬の周りをマッサージしてリンパの流れをよくすること」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「リンパマッサージ。顎を念入りにやる」(25歳/医療・福祉/専門職)

リンパマッサージをする、という意見が多かったです。血行をよくして、むくみを改善させ顔まわりをスッキリ見せてくれるようです。

■顔の筋肉を鍛える

・「小顔トレーニングとして舌をぐるぐる回している」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「口をすぼめるポーズを暇さえあればやっています」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「デスクワークですから無表情でいることが多いので、ささやかな表情筋エクササイズ。鏡の前で口角を上げる」(29歳/生保・損保/専門職)

顔の筋肉も体と同じで使わなければどんどん衰えてしまうものですよね。それを防ぐためには顔を大きく動かす表情筋エクササイズや舌回しを続けるとよさそう。顔の筋肉を鍛えることで、たるみ予防となり、顔の輪郭がぼやけた感じになることを防げそう。

■そのほか

・「たるみを持ち上げるようにオールインワンジェルを塗るようにしている」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「頭皮マッサージをする。小顔になると聞いたので」(33歳/医療・福祉/専門職)

毎日のスキンケアのついでなら小顔のためのマッサージも続けやすそう。化粧水やクリームを塗るときに、下から上に持ち上げるようにつけると、たるんだ肌を持ち上げる効果も?

<まとめ>

洋服も格好よく着こなせるし、スタイルもよく見える小顔。芸能人などを見て「あんなふうになりたい」と思ったことがある女性も多そうですね。顔のむくみや肌のたるみなどが原因で輪郭がぼやけて顔が大きく見えているのなら、ぜひ毎日のスキンケアにマッサージを取り入れて小顔を目指したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日〜18日
調査人数:102人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]