お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

忙しさと比例する! ストレスが原因の「肌荒れ」を実感した瞬間4選

ファナティック

仕事が忙しかったり、プライベートでストレスを感じると「肌の調子が悪くなってしまう」という人は多いのでは? 肌が荒れると憂鬱になってテンションも上がりません。今回はそんな「ストレスで肌荒れを実感した瞬間」について、社会人女性のみなさんに聞いてみました。

■吹き出物が大量に!

・「仕事がものすごく忙しかったときに、顔いっぱいに吹き出物ができた」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「お局からの攻撃がひどかったとき、顎ラインのニキビが悪化して治らなかった」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「転職して環境が変わった途端、ストレスで今までできなかった量のニキビができてしまった」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

多かったのは、ニキビ・吹き出物に関する肌荒れでした。大人ニキビは治りにくく、繰り返すことが多いので厄介です。今までなかったニキビが大量にできると、ストレスが原因だと実感しますよね。

■口まわりが……!

・「唇が腫れた」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「仕事が忙しすぎて睡眠不足が続いたときに、肌がガサガサになり口唇ヘルペスができた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

仕事が忙しすぎて、唇の腫れ、口唇ヘルペスになったというエピソードもありました。仕事が忙しいと、睡眠はもちろん食生活も乱れがちなので、どうしてもトラブルが起きてしまいがちです。

■肌の質感が……

・「化粧ノリがすごく悪くなった」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「徹夜が続いていたときに肌がガサガサして肌触りがとても悪くなったことがある」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ストレスのせいかテカリやごわつきなどが出て、メイクのノリが悪くなります」(29歳/生保・損保/専門職)

徹夜やイライラなどのストレスで、肌がガサガサになったり、化粧ノリが悪くなることもあるようです。肌が乾燥しているとファンデーションがキレイに乗らないので、ヨレが気になりますよね。

■肌がかゆくなる

・「社会人になりたてのころ、慣れない環境のストレスでものすごく肌がかゆくなった」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「仕事が忙しく、残業続きでストレスに感じると肌がカサカサしてかゆくて肌荒れになる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「人員不足で休みが取れなくて、夜勤明けに勤務先に泊まり、また夕方から出勤などを繰り返してるうちにじんましんが出て、かゆい状態が2カ月続いた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

慣れない環境や残業、激務続きで、肌がかゆくなってしまったというエピソードも。仕事をがんばることも大切ですが、かゆみまで伴うような肌の変化は、カラダからのSOSの可能性も。無理をせず、ゆっくり休むことも重要です。

■まとめ

ストレスによる肌荒れを実感している女性は想像以上に多いみたい。ストレスをうまく発散する方法を見つけて、肌荒れを起こさないような生活を心がけたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日〜18日
調査人数:101人(22歳〜34歳の働く女性)

★美肌になりたい人必見! 専門家のアドバイスをチェック

生活習慣の乱れはNG! プロに聞く「肌荒れ」の種類と原因、対策法

お役立ち情報[PR]