お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

生理中、長時間トイレに立てないときの対策って?

ファナティック

生理のときはこまめに生理用品を変えたいものですが、仕事などさまざまな理由でそれが難しいことってありますよね。長時間の会議時や移動時など、生理中なのに長時間トイレに立てないときの対策として行っていることはなにか、女性のみなさんに聞いてみました。

■夜用を使用

・「昼間でも夜用のナプキンを使用すること。昼用だとモレが心配だから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「昼間でも夜用ナプキンをつけている。安心感があるから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「夜用のナプキンを貼っておく。吸収力が強いので安心できる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

昼間でも夜用のナプキンをするという人は多いよう。少しごわごわした厚みがあるものも多いですが、それだけに安心感も強いようです。

■タンポン

・「タンポンを入れる」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「タンポンを使用するようにしています。モレなども気になりません」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「タンポンと夜用ナプキンのダブル使いをする」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

タンポンをつけておくという人も多数。またナプキンと併用することで、より安心感がありモレを気にしなくて済むという意見も見られました。

■重ねづけ

・「ナプキンを2枚重ねにします」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「多い日はナプキンを重ねている。完璧に重ねると蒸れるので、2枚を真ん中で重なるようにしている」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「長めのナプキンを重ねて使い、モレないようにする」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

ナプキンの重ねづけをして対策をするという人も多く見られました。夜用ナプキンは持ち歩こうと思うとかさばりますし、急な会議などの場合は用意がなかったりもするので有用な手段ですよね。

■座り方を工夫

・「こまめに座り直す」(29歳/その他/その他)

・「ずれないように、座る。ゆっくり立つ」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「漏れないように、できるだけ姿勢をよく保つ」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

座り方を工夫するという人も多々見られました。ちょっとずつ体勢を変えるという人から、逆に極力動かないようにする、など人それぞれにスタイルがあるようです。

■そのほかにも

・「おしりを引き締める」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「薬を飲んで血糖値を下げておく。あとは水分を控える」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「スパッツをはいて、モレないようにしている」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

そのほかにも、ナプキンの上にトイレットペーパーをあてておく、なるべく座らないようにするなど、さまざまな対策があるようです。中には気合でコントロール、という意見も見られました。

■まとめ

できればこまめにトイレに行って換えることができればいいのですが、会議だとなかなか抜けることもできませんし、長距離移動だとトイレがないこともありますよね。あらかじめ予測できたらいいのですが、残念ながらそうはいかないこともありますよね。そんなときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月12日~4月18日
調査人数:111人(22歳~34歳の女性)

★あなたの生理は大丈夫? 専門家が解説!

「ニセモノの生理」に騙されてない? 生理不順の真実とは

 

 

お役立ち情報[PR]