お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

やん、気づいたらぐっしょり……汗が気になるパーツ4選

ファナティック

日差しが強く気温が高い夏だけでなく、冬の間でも暖房などで意外と汗をかくことがありますよね。汗を放置しておくとニオイの元になったり、洋服に汗染みができたりと困ったことも多いもの。今回は、汗が気になる体のパーツについて女性たちに聞いてみました。

■ワキ

・「ワキ。体臭があるのでニオイに神経を使います」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ワキや頭皮。ニオイが気になる」(32歳/金融・証券/専門職)

・「ワキの下。うっかりグレーの服などを着ちゃうと汗かいていることがバレてしまう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

靴の中でムレやすい足やワキなどに汗をかくとニオイが気になってしまうという女性は多いようですね。汗をかいたあとにすぐ拭き取ってしまえばニオイを抑えることもできますが、外出中だと拭けないことも。同じ靴を2日続けて履かない、汗が気になるときには制汗スプレーを使うなどでニオイ予防しておいたほうが安心ですね。

■足

・「足の裏。汗をかくと蒸れてニオイが心配」(23歳/その他/その他)

・「太もも。ずっと座って汗ジミができると恥ずかしいから」(27歳/電機/事務系専門職)

足の裏や太ももに汗をかくという声も。デスクワークで気がついたら汗をかいている……という経験はみなさんよくあるのではないでしょうか。

■背中

・「背中。服が湿るのに自分ではよく見えないから」(23歳/小売店/事務系専門職)

汗をかいたときに洋服の色が変わってしまうのが恥ずかしいという女性も。汗をかきやすい季節には色が変わっても目立ちにくい洋服を着るか、いざというときにさっと羽織って隠せるような上着やストールを持っておくとよいかもしれません。汗を吸い取ってくれる肌着を着ておくのもよいですね。

■顔まわり

・「顔。汗がツーっと垂れるとみっともないし、メイクも崩れてしまうから」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「首元。うなじあたりが汗をかきやすいので」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「髪の生え際。汗がたまりやすく、かゆくなるから」(32歳/生保・損保/営業職)

頭部は体温が高いうえに髪のせいで汗をかきやすいもの。顔や首すじに流れてくる汗のせいでメイクが崩れて困ったという女性も多いようですね。冷たいペットボトルや濡らしたハンカチなどで首の後ろを冷やしてあげると顔の汗を抑えることができるそうなので、すぐに汗を止めたいというときには試してみてくださいね。

■まとめ

ニオイの原因になる、汗染みができてまわりの人にバレてしまうなど汗が気になる理由もいろいろのようですね。誰でも汗はかくものなので、それほど気にする必要はないかもしれませんが、女性としてはできれば汗を抑えて涼しい顔で過ごしたいもの。洋服の下に肌着を着る、汗取り用のパッドを使うなどで汗ジミを防ぐ、制汗スプレーなどで汗そのものを防ぐなどで対策をしておくと、汗に困らされることも少なくなるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数124件。22~34歳の女性)

 

★頭皮を洗って美髪を目指す! 専門家の記事をチェック

ヘアケアマイスターに聞く、美髪の秘けつは頭皮洗いにアリ!

 

 

 

 

 

お役立ち情報[PR]