お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

「泣く」or「笑う」、落ち込んだときに効果的なのはどっち?

ファナティック

落ち込んだときはとことん落ち込み、思い切り泣いて気持ちを切り替える人もいれば、逆に強引に笑いに変えて落ち込んだ気分を吹き飛ばすという人もいますが、みなさんはどちらのタイプですか? 人間なら誰だって落ち込むことはあるもの。今回は、それをどうやって解消するか女性たちに聞いてみました。

Q.落ち込んだ気持ちを切り替えるには思い切り涙を流しますか? たくさん笑うようにしますか?

「思い切り涙を流す」……61.5%
「たくさん笑う」……38.5%

思い切り涙を流して気持ちを切り替えるという女性が6割以上と多数派になったようですね。では、どうして泣くことで気持ちを切り替えられるのかなど、それぞれの理由を聞いてみましょう。

<「思い切り泣く」と回答した人の意見>

■泣くことで笑う準備ができる

・「泣ききって、ようやくたくさん笑えるようになると思うから」(31歳/金融・証券/専門職)

大人になると泣きたいときにも我慢せざるを得ない場合が多いもの。落ち込んだときくらいは、我慢せずに思い切り涙を流しておきたいと思うようです。もうこれ以上涙も出ないというくらいまで泣き疲れれば、笑顔になるための準備も完了ということですね。

■ストレス発散になる

・「気持ちを表に出したほうがスッキリする」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「我慢せずに吐き出したほうがスッキリするから」(24歳/金融・証券/営業職)

・「涙を流したほうがストレス発散になると聞いたことがあるので」(34歳/金融・証券/専門職)

涙を我慢することはストレスになりますが、涙を流すことでストレスを洗い流すことができるそうです。「我慢せずに泣いてもいい」と自分を甘やかすこともときには必要。がんばりすぎている自分へのご褒美として思い切り泣くというのは、落ち込みから立ち直るいい方法かもしれませんね。

では、落ち込んだときには思い切り笑うという女性にも理由を聞いてみましょう。

<「たくさん笑う」と回答した人の意見>

■“笑い”にはさまざまな効果が!?

・「笑いは免疫力を高めると聞いたことがあるため」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「無理にでも笑っていたら脳が錯覚すると聞いたことがあるので」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

無理やり笑うことで自分自身をごまかしていると、いつの間にか心がそれについてくるので気分がラクになっているという女性もいるようですね。「もうダメだ」と思うくらい落ち込んだときでも、笑うことでさまざまなプラス効果が得られるのかも!?

■ポジティブになれる

・「笑った方が前向きになりそうだから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「お笑いを見たり、人と話したり、笑ったほうが気が晴れる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

メソメソしているよりも、たくさん笑ったほうが気持ちが明るくなれることはまちがいないですよね。ポジティブな気持ちでいたほうが、早く立ち直ることができそうです。

<まとめ>

気分が落ち込んで気力がわいてこないときには、思い切り泣く、思い切り笑う、どちらの方法もそれなりに気分転換になるようですね。自分に合っているのが泣くことなのか、笑うことなのかは人それぞれでしょうが、感情を抑えすぎないということが大事なのかも。もちろん、いつも感情のままにというわけにはいかきませんが、八方塞がりになってしまったときは、自分の心を守るために思い切り感情を表に出してみるのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月11日〜4月15日
調査人数:117人(22歳〜34歳の女性)

お役立ち情報[PR]