お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

も、もしかしてっ……! 女子たちが経験した「想像妊娠」エピソード8つ

ファナティック

実際には妊娠していないのに生理が遅れたり、つわりのような吐き気に襲われたりする「想像妊娠」。おなかや胸がはったり初乳が出てきたりと、実際いろいろな症状が出ることもあるようです。そこで「これって想像妊娠かも!?」と思った瞬間について働く女性にエピソードを教えてもらいました。

■生理が遅れて、妊娠したような症状に

・「生理が1週間ほど遅れ、胃がムカムカしたり、体がほてったりしたので、『想像妊娠?』と思った」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「生理が遅れてしまい、体調が悪くなったり気持ち悪くなったりすることがあったときにそう思ったことがある。『つわり?』みたいな感じ」(32歳/不動産/専門職)

・「胸が張って生理が遅れているとき」(27歳/電機/その他)

生理が遅れると「妊娠の可能性」を疑いやすいせいか、妊娠時と似たような症状が出てくることが。想像妊娠は「妊娠への恐怖」や「妊娠への期待」が引き金となるケースが多いそう。生理が遅れると、それが引き金となっていろいろな症状が出てくるのかもしれません。

■妊娠したいと思っていたら想像妊娠?

・「妊娠したいと考えていたら、おなかがシクシクした感じになった」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「妊娠したいと思っていたら、生理が大幅に遅れたこと」(33歳/その他/事務系専門職)

・「妊娠したいと強く感じていたときに生理が1週間くらい遅れたから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

想像妊娠は「妊娠が怖い」というときだけでなく、「妊娠したい」という強い気持ちが引き起こすことも。そのため妊娠願望が強いときはおなかに違和感を覚えたり、生理が遅れたりすることもあるようです。妊娠したいと考えただけで体が反応するなんて、不思議すぎますね。

■妊活中は想像妊娠しやすい?

・「妊活中、生理直前に吐き気を感じて『つわりかも!?』と大騒ぎ」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「妊娠初期の症状を調べ、少しでもあてはまったら期待した。でも、本当に妊娠したときは、もっと明らかだった」(30歳/医療・福祉/専門職)

上記の意味で「妊娠したい」という強い気持ちがわきやすい妊活中は、想像妊娠の症状が出やすくなる時期なのかも。ただ実際にその後妊娠した女性によると、本当の妊娠症状は思っていたよりもハッキリとした症状があらわれたようです。

<まとめ>

妊娠未経験だと、生理前や生理の遅れからくる症状が「妊娠超初期症状」に思えて一喜一憂してしまうことがありますよね。ただ想像妊娠だけでは検査薬も陽性反応にならず、もちろんエコーでも胎児が確認できず……。妊娠を疑って不安になったらまずは検査、もしくは産婦人科を受診するのが一番かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
調査日時:2016年4月13日~2016年4月22日
調査人数:155人(22~34歳の女性)