お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

働く女子に聞いた! キレイでいるために「やらないこと」3選

ファナティック

キレイになろうと思ったらスキンケアをがんばったり、美肌によいとされる食べ物を食べたりといろいろな努力をしますよね。では、逆にキレイでいるために、これはやらないと決めている生活習慣や食事法などはありますか? 今回はキレイでいるためにやらないことについて女性たちに聞いてみました。

■不規則な生活や暴飲暴食

・「暴飲暴食、過度な夜更かし、夜遊び、朝食を抜く、栄養バランスの悪い食事、カロリー・脂分・塩分の摂りすぎ、無理な肉体労働。不規則な生活や体に負担をかけることが美容に悪影響だから」(34歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「夜は飲みに行かない。ランチにする。夜は寝る時間だから。肌によくない」(27歳/不動産/営業職)

・「ジャンクフードは極力食べない。お菓子もなるべく食べない。不健康な食べ物のイメージなので、野菜たっぷりの料理を食べるようにしている」(27歳/電機/事務系専門職)

肌荒れや肥満の原因にもなる不規則な生活や暴飲暴食。キレイでいたい女性たちは生活習慣が乱れないように気をつけているようです。野菜を中心にしたバランスのよい食事と十分な睡眠をとるだけでも肌荒れが防げて、不健康に太ってしまうということもありませんよね。

■ストレスのたまる生活

・「ストレスはためない。愚痴も悪口も吐き出す無理するとストレスがたまりそうだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「人の悪口を言うこと。人の悪口を言うと顔が不細工になっていく気がするので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「ストレスがたまるストイックなダイエット。イライラしてハッピーじゃないから」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

ストレスは心身ともに悪影響を与えるもの。ストレスがたまらない生活を心掛けると穏やかな気持ちになれて、美容面でもよい影響を与えてくれそう。没頭できる趣味や興味のあることを見つければイライラしたときにも上手にストレスを発散できそうですよね。

■お酒・タバコ・お菓子の食べすぎ

・「お酒、タバコは一切やらない。身体にいいことは何もないから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「お菓子をかなり食べ過ぎる事。ちょっと多めには食べるが我慢している所はあると思う」(34歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「タバコを吸う。ニオイもつくし、肌がくすむ原因になると聞いたから。歯も汚れそう」(25歳/食品・飲料/専門職)

百害あって一利なしと言われるタバコ、つい飲み過ぎることもあるお酒など嗜好品の摂りすぎもキレイになるためには避けたいことのようです。喫煙や飲酒の習慣がある人がそれを止めるのはツラいかもしれませんが、せめて量は控えるなどの努力はしたほうがよいかもしれませんね。

■まとめ

キレイになるためには、やらないといけないことと同じくらいやらないほうがよいことがあるようです。特に不規則な生活や栄養の偏った食事は毎日のことだけに影響は大きそうですよね。やめたほうがよいと思っていても、仕事が忙しかったりするとなかなか悪習慣を断ち切ることはできませんが、できることから少しずつ変えていくのが一番。キレイになるための努力は、いつからスタートしても遅すぎることはありませんよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数124件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]