お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ダイエット

むっ、胸が!! 体重は落ちたけど、残念な結果になってしまったダイエットエピソード14

ファナティック

がんばってダイエットには成功したものの、理想の体形とはちがう痩せ方をしてしまってショック、という経験のある人も多いのではないでしょうか? ダイエットして体重は落ちたものの残念な結果になってしまったダイエット経験について、女性のみなさんに聞いてみました。

■胸も小さくなった

・「胸も一緒に落ちてしまい、2サイズダウンした」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ダイエットしたら胸が小さくなってブラジャーが、合わなくなった」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「胸も一緒に小さくなってしまった。そこそこ大きい胸が唯一のポイントだったのに」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

痩せるときに一番に胸が小さくなってしまう、という悩みを抱えている人は多いよう。もともと小さめだった胸がより小さくなった、貧弱な感じになった、とショックを受けたことのある人はけっこう多いようです。

■体調が悪くなった

・「栄養が足りなくなり、貧血で倒れてしまったことがある」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「体調が悪くなってふらふらになってしまった。極度の食事制限はよくないと思いました」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「体重は落ちたけど、生理が半年以上止まった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

無理な食事制限や、偏った食事をした結果、貧血や生理不順に陥ったという人も多数。過度なダイエットは心身ともにダメージを与えるため、加減が必要そうです。

■肌荒れ

・「肌がカサカサになったり、栄養がないっぽい痩せ方をしてしまったとき」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「髪のつやがなくなったり、肌がカサついたりしたとき。それだけ身体に負担がかかっている証拠だと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

また同じく食事制限や栄養の偏りで、肌荒れを引き起こしたというケースも。痩せてはいいものの、肌が荒れているとマイナスイメージになってしまうのでもったいないですよね。

■不健康そう

・「食事制限ダイエット。夜は野菜だけみたいな生活をしていたら、体重は落ちたものの、あばら骨がでて残念な体形になりました」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「ガリガリで心配なくらいになった」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「顔がやつれて不健康そうに見えた」(33歳/医療・福祉/専門職)

痩せた、というよりもやつれた印象で、不健康そうになってしまったという経験も多数見られました。どの時点でキープするか、というのを見極めいかに健康的に痩せるかが肝心なようです。

■キレイに痩せない

・「太ももの脂肪がぶらぶらする」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「おなかがたるんだ。筋肉を付けながら痩せないといけないと反省した」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「体重は落ちたが一番細くしたかった付け根は細くならなかった」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

太ももやおなか、二の腕など一番落ちてほしかった部分の脂肪はあまり落ちないまま、ほかが痩せてしまったというケースも。またセルライトは残ってボコボコにという場合もあるようです。

■まとめ

ダイエットには向き不向きもあり、自分が思ったように痩せてくれないということはよくありますよね。ひとつのダイエット方法で理想の体を手に入れることができるのであれば一番なのですが、そういうわけにもいかなさそうです。自分に合った方法で、痩せたい部分を狙い撃ちでやっていくのが一番なのかもしれません。しかしやりすぎは禁物のようですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月12日~4月18日
調査人数:111人(22歳~34歳の女性)

★正しい食事ダイエットの仕方を、専門家がお答え!



管理栄養士に聞く、ダイエットでの食べかた、これってOK? NG?

 

お役立ち情報[PR]