お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

ヤバイ、おなか鳴りそう! おなかが鳴ったときに音をごまかす方法4つ

ファナティック

お昼が近づいてくると、今日はどんなランチを食べようか、ウキウキしますよね。でもあんまりお昼ごはんのことばかり考えていると、ついおなかが鳴ってしまうなんてことも。そこで今回は女性のみなさんに、おなかが鳴ったときに音をごまかす方法について、教えてもらいました。

<おなかが鳴ったときに音をごまかす方法>

■いすの音でごまかす

・「いすを引いた音でかき消す」(34歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「いすの音などでごまかす」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「ごまかさない。昔はいすをずらして音を鳴らしていた」(33歳/その他/クリエイティブ職)

静かなオフィスでおなかが思いっきり鳴ってしまうと、かなり目立ってしまいますよね。いすを引いてごまかせるといいですね。

■せきをする

・「せきをしてごまかす」(35歳/その他/その他)

・「喉を鳴らしてせき払いをする」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「せきなど別の物音でかき消そうとする」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

「やばい! おなかが鳴る!」と思った瞬間にせきをすると、おなかの音はかき消されます。でもタイミングをまちがえてしまうと、せきとおなかの音が別に鳴ってしまうこともあるので、要注意です。

■書類の音を立てる

・「書類をバサバサさせてめくる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「書類の音でごまかす」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「書類をガサガサする」(27歳/電機/事務系専門職)

書類をわざとガサガサさせてみると、おなかの音をごまかせることもありますよね。あまりにもおなかの音が大きすぎると、書類のガサガサ音より鳴り響いてしまうかも。

■知らないふりをする

・「『自分じゃないですよ』、と涼しい顔をする」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分ではないと言わんばかりに無視し続ける。時間差でまわりをキョロキョロする」(31歳/情報・IT/営業職)

・「鳴ってしまったら何もなかったようにふるまうしかできない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

おなかが鳴っても、堂々と知らないふりをしていれば、意外とバレないこともあるものです。素知らぬふりをして、「誰のおなかの音?」と言わんばかりにまわりを見渡してみるといいかもしれませんね。

<まとめ>

自然現象とはいえ、おなかが鳴ってしまったらやはり恥ずかしいものですよね。ごまかしきれたと思っていても、実はまわりにバレていたなんてことがないように、大きな音を立ててごまかしたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月1日~2016年4月6日
調査人数:169人(22~34歳の働く女性)

★そのほかにも人には知られたくない生理現象が……!

女子だって我慢できない! 人前で“おなら”をしたくなったときの対処法10

お役立ち情報[PR]