お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ミネラル美容

永遠のあこがれ! 皮膚科医に聞く、「透明感のある肌づくり」の秘訣

石部千晶/六識

今や、美肌の基準にされていると言っても過言ではない「美白」。紫外線対策に気を使ったり、美白クリームを使ったり……多かれ少なかれ、ほとんどの女性が美白を意識しているのでは? そこで今回は、美白に関する意識調査を実施! さらに、透明感のある肌を保つための対策を、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に教えてもらいました。

Q. 「色白肌」にあこがれはある?

※マイナビウーマン調べ。調査日時:2016年3月15日〜17日、調査人数:140人(22歳〜34歳の女性)

まず、色白肌へあこがれを持っているかを調査したところ、実に8割以上の女性が色白肌にあこがれているという結果に。多くの女性が色白肌を支持していることがわかりました。

■色白肌にあこがれは「ある」派の意見

・「肌が白いだけで、美人に見える」(26歳/その他/事務系専門職)
・「色白は七難隠すって言われるくらいだから」(32歳/自動車関連/技術職)
・「色白のほうが、キレイで清楚なイメージになる」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

白い肌は「キレイ、かわいい、華奢に見える」と、いいイメージがたくさん出てきました。陶器のような白い肌は、女性らしさをアップさせてくれる!?

■色白肌にあこがれは「ない」派の意見

・「適度な日本人色がいい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・「あまりに白い肌は病弱そうに見えるから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)
・「健康的な色がいいので、白すぎるのは嫌」(32歳/医療・福祉/専門職)

あこがれていないという人たちは、白すぎると少し不健康そうに見える、という回答が目立ちました。

Q「美白」効果を期待して、もっとも意識的に取り入れている成分は?

●1位/ビタミンC……35.0%
○2位/コラーゲン……17.9%
●3位/ヒアルロン酸……9.3%
○4位/プラセンタ……5.7%
●5位/コエンザイム……5.0%
※単一回答式。マイナビウーマン調べ。調査日時:2016年3月15日〜17日、調査人数:140人(22歳〜34歳の女性)

「ビタミンC」を取り入れているという人が多く、続いて、肌にうるおいを与えてくれる「コラーゲン」がランクイン。ただ、取り入れている理由としては「なんとなく」「美肌にいいと聞いたことがある気がする」など、曖昧な人が多いみたい。そこで、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に、透き通るような肌を保つための方法などを教えてもらいました。

<皮膚科医に聞く、透明感のある肌づくりの秘訣>

◆肌をくすませる原因はさまざま

吉田先生「肝斑やシミ、色素沈着、色ムラが多いと、肌が“薄汚れている”という印象になってしまいます。その原因は、乾燥や紫外線、古い角質が蓄積されていたりとさまざまです。多角的なケアが必要と言えます。ストレスや生活習慣の乱れが、肌のくすみにつながることもあるので、注意が必要です」

◆透明感のある肌を保つために守りたい「3つのこと」

吉田先生「透明感のある肌を守るために重要なことは3つ。まずは、“日焼け対策”を1年中行うこと。冬でも紫外線は降り注いでいるので、夏のケアだけでは不十分です。次に、“保湿”をしっかりすること。乾燥は、肌の若さを奪ってしまいます。最後に、喫煙者はすぐに“タバコをやめる”ことです。喫煙は、内臓だけでなく肌にも悪影響をあたえます。副流煙にも注意が必要です。どれも透明感のある肌作りには欠かせないことなので、この3つは特に意識しましょう。また、化粧品には、シミ改善効果がある“レチノイン酸”、漂白効果のある“ハイドロキノン”、ピ―リング効果のある“グリコール酸”、保湿効果のある“セラミド”が含まれているものをおすすめします。食べ物では、ビタミンCが豊富なアセロラやパセリ、ビタミンEが豊富なイクラやモロヘイヤなどを摂るように心がけましょう」

<さいごに>

美白は、女性の魅力を大幅にアップさせてくれる要因のひとつ。吉田先生が伝授してくれた「日焼け対策・保湿・禁煙」は死守しましょう。さらに、使用している化粧品の成分を見直してみるのもよさそう。毎日のケアの積み重ねて、透明感のある、あこがれの色白肌を手に入れましょう!

監修:吉田貴子先生
皮膚科・美容皮膚科医。2004年に渋谷スキンクリニックを開業。一般皮膚科と美容皮膚科を開設し、あらゆる肌の悩みに向き合っている。なかでもニキビ治療を得意とする。また、肌トラブルだけでなく、ダイエットやアンチエイジング、発毛治療など、美容にまつわる様々な悩みに対応してくれる。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。

(取材・文:石部千晶/六識)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]