お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】仲のいい友だちが授かり婚をしたときに思うことランキング!

ファナティック

妊娠が発覚したのちに入籍する授かり婚。近年はその件数も増え、特に珍しくない結婚の形として認知されはじめていますが、授かり婚に対する本音は男女で、どのようなちがいがあるのでしょうか。今回は親友の授かり婚について思うことを、社会人の男女に聞いてみました。

Q.仲のいい友だちが授かり婚をした場合、どう思いますか?

【女性】
1位 何も思わない……66.5%
2位 うらやましい……17.4%
3位 ちょっと同情……16.1%

【男性】
1位 何も思わない……76.4%
2位 うらやましい……14.2%
3位 ちょっと同情……9.3%


男女とも、何も思わないと回答した人がもっとも多い結果となりましたが、女性のほうがより複雑な感情を抱く傾向にあるようです。男女別に理由を見てみましょう。

親友の価値観を尊重したい……【女性】

・「その人と結婚する運命だったんだねって思う」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「人それぞれの結婚のタイミングがあると思うから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「私自身は好ましいことだとは思わないが、友だちがそれで幸せならいいと思う。授かり婚で幸せに暮らしている人たちもたくさんいると思うので」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「本人が納得しているなら、外野が口を出すことではないから」(26歳/自動車関連/技術職)
・「おめでたいと思う。結婚も妊娠も、おめでたいことなので」(32歳/学校・教育関連/技術職)

順番はどうであれ、2人が納得し、決めた道なら友だちとして祝福したいという人が多いようです。価値観は人に押し付けることではありませんよね。結婚してから妊娠するという順番は法律で決められているわけではなく、あくまで過去の慣習から言われていること。友人の価値観を尊重し、理解することが友だちとしてできる最高の祝福かもしれませんね。

結婚のきっかけになる。問題はそのあと……【男性】

・「このご時世、授かり婚は特に珍しくないと思う。当人らが納得した上でのことなら祝福してあげられる」(32歳/その他/事務系専門職)
・「うまく行く行かないは自分たち次第」(36歳/建設・土木/その他)
・「特に理由はありません。しっかり、子どもを育てられるならいいと思う」(38歳/印刷・紙パルプ/技術職)
・「今時、理由なんてなんでもいい。大事なのは、そのあと」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「どちらでも幸せになれるのであれば関係ないと思う。ひとつのきっかけとしていいのでは」(35歳/機会・精密機器/技術職)

妊娠は結婚のきっかけのひとつに過ぎず、その後、どのように家庭を築いていくかのほうが大事だという意見が多く見られました。考えてみれば結婚自体、ひとつのライフイベントでしかなく、順番を守ったからと言ってその後の幸せが保障されるわけではありませんよね。幸せな家庭を築いていくには、結婚後の努力が必要不可欠です。

まとめ

男女とも、授かり婚に対してはそれほど否定的な見方は強くないようです。結婚の理想は人それぞれですが、2人が納得し、幸せな笑顔を見せてくれるなら、祝福したくなるにちがいありません。世界には、結婚の法的手続きを踏まずに子どもをもうけるスタイルを選択する人が50%を超える国もあると言います。日本でも順番や固定概念にとらわれない、さまざまな結婚のスタイルが社会的に認められる日が近づいているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数520件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE