お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】「インドア派」or「アウトドア派」付き合うならどっち?

ファナティック

男女の付き合いにおいて、共通の趣味は関係を円満に保つ潤滑油になります。デートの際に、行く場所で毎回もめるようだと、楽しい時間を過ごすのは難しいですよね。インドア派とアウトドア派、付き合うならどちらが理想的なのか、社会人の男女に聞いてみました。

Q.付き合うなら、どちらのタイプの異性がいいですか?

【女性】
毎週末どこかへ出掛けるアウトドア派……49.7%
基本的におでかけはしないインドア派……50.3%

【男性】
毎週末どこかへ出掛けるアウトドア派……56.0%
基本的におでかけはしないインドア派……44.0%

若干の差ではありますが、女性からはインドア派の男性が支持され、反対に男性からはアウトドア派の女性が支持されている結果となりました。男女別に理由を見てみましょう。

まったりおうちデートは最高のひととき……【女性】

・「インドアで別々のことをしながら過ごしても、気を使わない男性がタイプです。毎週末出掛けるのは厳しいなと感じました。出掛けるのは月1回程度がいいです」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「毎週末アウトドアだと、お金もかかりそう」(32歳/学校・教育関連/技術職)
・「家でまったりのんびり一緒に過ごしたいから」(32歳/自動車関連/技術職)
・「仕事が忙しいときも多いのでインドアで、ゆったり過ごすほうがいいと思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「たまに出掛けるだけで特別感が出てお得だから」(22歳/建設・土木/技術職)

働く女性の中には、休日は体を休め、次の仕事に向けて充電したいと考える人も多いようです。外へ出掛けるのは楽しい反面、気力や体力を使い、出費もともないます。家でお互いに好きなことをしながら同じ時間を共有するまったりデートも充実した休みの過ごし方。2人でゆっくりと旅行の計画を立てるのもいいですね。

思い出作りをするならアウトドア……【男性】

・「アクティブなほうが楽しい思い出が多くできそう」(22歳/金融・証券/営業職)
・「活発な人のほうが一緒にいて楽しそうだから」(26歳/自動車関連/技術職)
・「せっかくの休みはいろいろな所に出掛けてリフレッシュしたい」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)
・「外に出掛けるといろいろなことがあるので、ネタを探す必要がなく楽なので」(36歳/その他/その他)
・「いろいろなところに出掛けたほうが刺激があっていい」(25歳/金融・証券/営業職)

休みの日だからこそ外へ出たいという意見が多いようです。アウトドアのメリットは、話題にこと欠かないことや刺激を得られること。マンネリ防止にもなりそうですね。中には「日本全国全市町村めぐりが目標なので、あちこち出掛けて多彩な情報を持っているとうれしい」(29歳/商社・卸/営業職)というようなアウトドア派の女性でなければ、付き合うのが難しそうな男性も……。どちらも乗り気で楽しむことがアウトドアデートには必須です。

まとめ

女性は家でまったりしたいのに、男性はアクティブに動き回りたい。そんな意見の衝突が生まれそうですが、外出する頻度を決めたり、それぞれの楽しみ方を見つけることで衝突を回避できるかもしれません。デートのたびにストレスがたまるような付き合い方は避けたいもの。相手の気持ちや好みを理解することが恋人としての務めなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数520件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE